私の好きな場所

人生を楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

記事内のリンクには広告が含まれています。このブログでは「私の好きな場所」を求める私しえるの体験談を基に更新中。

ミスチルがサポメンってマジかよ…7年ぶりの稲葉浩志ソロライブは相変わらずカッコよくて最高で幸せでした「Koshi Inaba LIVE 2023 ~en3.5~」


ブログランキング・にほんブログ村へ

Koushi Inaba en3.5

Koshi Inaba LIVE 2023 ~en3.5~

横浜アリーナ
2023年2月2日(木) OPEN 17:30 / START 19:00

bz-vermillion.com

ミスチルがサポメンってマジかよ…7年ぶりの稲葉浩志ソロライブは相変わらずカッコよくて最高で幸せでした

B'zは昨年見に行っていましたが、稲葉さんのソロライブは開催されたのが2016年のenIII以来。
最後に見たのが初めて見る調子不良の稲葉さんだったので、元気でパワフルな稲葉さんのパフォーマンスを見られてよかったです。

ciel-myworld.hatenablog.com

無事会場に着けてよかった…

この日は本当はライブ前にちょっと遠出してこようと思っていたのですが、渋谷に鶴見と相次いで人身事故が起きてしまい、お出かけは叶いませんでした。

Untitled

でもこういうとき、神奈川は京急小田急、東急に市営地下鉄などいろんな路線が通っているから便利ですね、さすがは関東No.2。

千葉も千葉~船橋間はJRと京成の選択肢があったりしますが、埼玉はいろんな線が乗り入れているのは大宮くらいで、JRだけ・東武だけ・西武だけのところがほとんどなので、1つ止まれば大ダメージになりやすいからうらやましい限りです。

埼玉県民で基本的に不満はあまりないし、ふだんは都内に出てしまえばどうとでも動けると思ってるところはあるのですが、この点はデメリットだなと改めて感じました。

お出かけのために早めに出ていたことで川崎までは辿り着けたので、無事ライブに間に合うように移動ができてほっとしました。

ライブ後にネット等で様子をうかがってもまだ影響を受けているようだったので不安がありましたが、覚悟していたよりスマートに帰れたので本当によかったです。

会場の様子やライブの感想

Koushi Inaba en3.5

2013年のflumpool以来、10年ぶりに訪れた横浜アリーナ
新横浜周辺はちょくちょく来ていたので、そんなに間が空いていたことに驚きました。

Koshi Inaba LIVE〜en3.5〜@横アリ 開演前会場の様子 #shorts - YouTube

Koushi Inaba en3.5

今回のen3.5は、曲を作っていたらライブがやりたくなって、会場が押さえられたことから突発的に決まったイレギュラーなライブなのだそうです。

サポメンもそこから急遽集まれる人を探したとのことだったのですが、1番の驚きは何と言ってもドラムが「ミスチル」ということでしょうw
JEN(ジェン)さんこと鈴木英哉さんは、53年生きてきて初めてのサポートなのだそうで、とても貴重な場に立ち会えちゃいました。
B'zはいつもサポメンのレベルが高いので、今回ももはや当たり前のように演奏も素晴らしかったのですが、JENさんは表情豊かだったのが何より印象的でした。笑

オープニングムービーでオレンジだったり車のナンバーだったり、いろんな手法で「3.5」を表していたのが面白かったです。

Koushi Inaba en3.5

今回の席割りは360度に席が用意されたセンターサークルステージ仕様で、上手奥に花道があり、入退場はその花道から行われていました。
たしか『BLEED』だったかな?中盤くらいでドラム以外の4人が中央のドラムを向いて演奏している姿が素敵な構図で、とてもカッコよくて好きでした。

ドラムのところだけステージが回転するようになっていたんですけど、人力で動かしているとのことで、回すたびに温かい声援や拍手が送られていました。笑

ラルクでもセンターサークルステージをやっていましたが、こちらは四方に花道があり、ステージ全体が回る仕様で、私の席が近かったのもあってか同じセンターサークルステージでも印象は全然違うものでした。

モニタに流れるイチョウ並木の映像なども素敵だったなぁ…。

ciel-myworld.hatenablog.com

マスクは常時着用ですが、声出しは解禁されていました。

それで初めて気づいたのですが、ラルクだと「hydeー!!」みたいな呼び捨てもよくあるけど、稲葉さんって「稲葉さーん!」「稲葉さまー!」「稲葉先生ー!!」と皆敬称をつけていて、呼び捨てにする人っていないんですね。笑

稲葉さんの存在感がなせる業だなぁ~さすがだな~とひっそり感心していましたw

Untitled

奥には売り切れ品も出ていたグッズ物販。

Koushi Inaba en3.5

ガチャガチャコーナーもありました。

Koushi Inaba en3.5

右奥に見えるのはトイレの大行列。
何か所か見たけど、どこも似たような状況だったので、事前に寄ってきてよかった……と心から思いましたw

ライブの方はいつものように期待を裏切らず素晴らしくて、稲葉さんの言うとおり本当に愛しかなくてあったかい空間でした。

youtu.be

稲葉さんの曲は、年を重ねるほどなのかわからないですけど、年々前より曲が沁みていっている気がします。
『波』とか『遠くまで』とか『静かな雨』とか昔の何百倍も大好きで心に響きます。
……子どもの頃の私にはまるでわからなかったな。笑

元々稲葉さんのソロは『Peace Of Mind』というアルバムが飛び抜けて大好きだったんですけど、ライブ行く度に、あの曲もいいなぁ~この曲もいいなぁ~と好きな曲が増えていきます。

でも『Peace Of Mind』好きとしては、ライブでは初演奏だった『あの命この命』が聴けたのはやっぱりアツすぎました。 

youtu.be

『正面衝突』や『羽』はやっぱりテンションが上がりましたし、新曲の『BANTAM』もめちゃくちゃカッコよかったです。
(前回のライブで『羽』を聴いているということは7年前の曲だってことに驚きです。笑)

アコギを弾く稲葉さんもカッコよすぎましたし、大股でくるくる回る稲葉さんも健在でただただ「好き」という言葉しか出てきません。笑

以前からずっと推しているDURANくんがまたサポメンで見られたのも嬉しかったですね。
特に曲間でのDURANくんのソロが輝いていたインストが彼らしさにあふれすぎていてめちゃくちゃカッコよくて、テンションが上がりました。

コロナ禍になってからライブハウスには狭いから行かないようにしていたので、しばらくDURANくんのライブに行けてはいなかったのですが、また行きたいところです。

ciel-myworld.hatenablog.com

最後にはメンバー全員で円陣組んでステップ踏んだり、和気あいあいとわちゃわちゃしていて、めっちゃかわいかったですw

サポートメンバー

セットリスト

  1. 愛なき道
  2. The Morning Call
  3. Stay Free
  4. Golden Road
  5. I AM YOUR BABY
  6. Salvation
  7. 念書
  8. 正面衝突
  9. BLEED
  10. 静かな雨
  11. Little Flower
  12. NOW
  13. Okay
  14. YELLOW
  15. 遠くまで
  16. ハズムセカイ
  17. あの命この命
  18. BANTAM
  19. CHAIN
  20. oh my love

会場地図

余談ですが横浜に向かっているときにKアリーナと書かれた見慣れない建物が見えて、2023年秋にオープンすることを初めて知りました。
こけら落としではないけどスピッツの公演はすでに決まっているんですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ