私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

【湿潤療法】めざせ手荒れの根本的解決!ハイドロコロイド・プラスモイスト比較の話~経過観察1~


ブログランキング・にほんブログ村へ

2020-06-23_14-37-07_830

手だけ重症。しえるです。

 

今年、過去最高に手荒れがひどくて困っています。

手荒れに悩んでいる方への情報共有となればと思い、今回の記事を書きました。

この先、手の画像を載せていきますが、結構エグめの画像もあるので閲覧注意です。

めざせ手荒れの根本的解決!ハイドロコロイド・プラスモイスト比較の話~経過観察1~

全快を目指して…

手荒れがひどいので皮膚科のお世話になってはいますが、保湿とステロイドの処方に終わり、結局全快しないで再発するサイクルから抜け出せずにいます。

ネットで調べてみても根本的解決策がないと書かれているぐらいなので、それだったら自分で解決の道を探してやろうというのが狙いです。

私が考えているのは2つの解決。

1つは肌のかゆみなど手荒れの症状の解決、もう1つはそもそも再発させないための根本的解決です。

湿潤療法(うるおい治療)を試みてみる

今回は手荒れの症状解決について考えていきます。

今年に入ってからはずっと慢性的に悩まされていた手荒れ。

2020_04yubisaki

4月初めは指先が荒れまくっていました。

2020-06-04_12-30-24_585bokashi

6月初めの手の状態です。

2020-06-07_18-49-51_334syojo

6月初めには手の平まで広がり、かゆさMAXに。

そこで思い出したのが湿潤療法

昔読んだ夏井睦先生の本に衝撃を受けたのです。傷口にアルコール消毒をするのは、傷を痛めつけている行為だということに。

たしかハイドロコロイドと白色ワセリンを使っていたなと思い出し、いろいろなハイドロコロイド製品を試した現在の手の状況が下図のとおり。

2020-06-23_02-09-08_280

現在の手荒れの症状具合です。

めっちゃかゆいんですけど、一生懸命傷が再生しているのを感じます。

うるおい治療は、生傷絶えない現場の方が取り入れられている話や、実際の治癒していく過程が掲載されているので、これは取り入れようって思った次第だったのですが、時が流れるうちに詳細が記憶から抜け落ちていました。

改めて内容を見直してみたら、手湿疹にも有効とあるではありませんか。方向性は合っていそうと思い、まずはこれで完治を目指します。

参考リンク:新しい創傷治療

さまざまなハイドロコロイド・プラスモイスト製品

キズパワーパッドの台頭で湿潤療法も広まり、ハイドロコロイド製品が増えていたのでいろいろ買っては試しています。今回は私が試したAmazon楽天で買えるハイドロコロイド・プラスモイスト製品についての使用感も書いていきます。

1.キズパワーパッド

2020-06-23_14-37-39_976

多分ハイドロコロイド界で1番メジャーなジョンソン・エンド・ジョンソンハンガリー製品。最初はこのキズパワーパッドを使っていましたが、今はもう使っていません。

デメリットは3つ。

  1. 水に濡れるとすぐ剥がれてしまう
  2. コスパが悪い
  3. サイズが決め打ちなので融通が利かない

ふつうサイズだと足りず、大きめサイズだと思うように貼れず融通が利きません。「帯に短し、たすきに長し」ってやつですね。

またお値段もふつうサイズで10枚750円オーバー。水に濡れるとすぐに剥がれてしまうし、手荒れは結構広めの範囲に起こるので、とてもじゃないですがキリがありません。

2.ハイドロコロイド絆創膏 完全防水薄型仕様

2020-06-23_14-37-20_060

この日本製の絆創膏は大きいものをカットして使うタイプ。傷に合った好きなサイズを作れるって便利!!

完全防水を謳っていますが、たしかにお風呂に入っても剥がれにくいです。 

結構薄めなので、傷がひどいと物足りなさを感じる時もあります。

Amazonの買い合わせ対象品でコスパがめっちゃいいので、普段使い用にもピッタリですね。

2020-06-22_13-52-57_060_23

2の絆創膏と3の包帯の使用感の違いはこんな感じ。

3.ハイドロコロイド包帯アドバンス

2020-06-23_14-37-29_317

使用量が多いので、とうとう10×40cmの1ロールタイプを試し始めました。こちらもカットして使うタイプですね。

個人的感覚でこちらの方がより傷の修復を感じています。

2020-06-17_19-07-48_398

ハイドロコロイド包帯アドバンスを貼った様子です。

2020-06-23_01-45-48_178

水に濡れフィルムは取れても残り続けるハイドロコロイド包帯の様子です。

 

水に濡れると上のフィルムだけ取れちゃって、ベタベタな部分が表面に出てしまうので、つけてお風呂に入るのは難しいです。けど、それでもハイドロコロイド部分はちゃんと密着し続けているくらいには剥がれにくいです。

使用方法的には少なくとも1日1回交換しなくてはならないから、ちょうどいい外すタイミングになるかなと。お風呂入る時はゴム手袋か何かで入れば問題なさそうです。

4.プラスモイスト

2020-06-27_10-39-44_352

もともと本で紹介されていたプラスモイスト。

プラスモイストとは夏井先生が開発した創傷被覆材で、こちらの方がより治療に向いているよう。

Amazonで買えるとあったけど医療従事者じゃないと買えない仕様になっていたので諦めかけていたのですが、楽天で買えました。

2020-06-27_10-51-45_081

いざ現物を見て感じたのですが、これはもっと傷がジュクジュクの時に使うものだったかもしれない。


ブログランキング・にほんブログ村へ