私の好きな場所

人生を楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

記事内のリンクには広告が含まれています。このブログでは「私の好きな場所」を求める私しえるの体験談を基に更新中。

【東京・大手町大規模接種】ようやく1回目のワクチン接種ができました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:ciel18m:20210819190701j:plain

めどが立って一安心。しえるです。 

 

コロナのワクチンについて、年齢制限の壁によりさいたま市の接種を予約できるのが9月以降、埼玉県の接種はエッセンシャルワーカーでないと予約ができないにもかかわらず、「早く接種してください」というアナウンスばかりでモヤモヤする日が続いていました。

 

デルタ株が拡大している中、さすがに時間がかかりすぎるなと思いまして、自衛隊 東京大規模接種センターでの接種予約にチャレンジしてみたところ、無事予約をとることができました。

今はF5アタックしなくても自動でページが切り替わってくれて便利ですね。

【東京・大手町大規模接種】ようやく1回目のワクチン接種ができました。

いざ自衛隊 東京大規模接種センターへ

Untitled

接種券、予診票、免許証を握りしめ、初めての大手町合同庁舎3号館に行ってきました。

工程がめちゃくちゃ細分化されていて、逆にわかりづらくて戸惑うところもありましたが、それでもスムーズにワクチン接種を受けられ、待機時間も含めて30分くらいで終えることができました。

注射はいくつになっても慣れないものですが、とても細い針であっという間に終わり、痛みを感じる暇もないほどでした

 

同日、本当は楽しみにしていたL'Arcafeのチケットも取れていたのですが、直近でカフェスタッフに陽性者が連続で出ていたことから今回は回避することに。

自分の判断なので仕方がないとは思っていますが、この1年くらいでチケット買ったけど状況を見て自粛というのが続いていて、ちょっとモヤモヤしています。

実質は自己責任のお布施状態で、開催責任ってなんなんだろう…って考えてしまいます。

ワクチン打ったその後

前回のHYDEさんの公演から帰ったあと、もし自分が陽性になったとしたら、自分が症状に苦しむ云々だけでなく、自分が寄ったあの場所この場所すべてが実質濃厚接触になると考えたとき、自分が胸を張って選択した行動でない限り、心が耐えられないなと改めて感じました。

なので帰りは買い物など必要最低限のみとし、帰ってすぐシャワーを浴びたあとは、大事をとってゆったり休むことにしました。

 

熱や酸素飽和度は正常値、接種痕も特に腫れることはありませんでしたが、ただ4時間後からずっと、注射した腕が痛く、重く感じるようになりました。

たとえるなら超久しぶりの自転車で調子に乗ってしまったあとの太もものような、ふだん使わないところの筋肉痛という感じでしょうか。

 

幸いなことにそれ以外は特に何か症状を感じることはありませんでしたが、それでも肩付近でのピンポイントな超絶重い筋肉痛感はだるいもので、何をするにも億劫なので、結局はゆっくり過ごす日々を送っています。

これは利き腕じゃなくてよかった…って本当に思います。

2週間ぶりの外出にあたって 

最近はスーパーに行くのもやめ、全部パルシステムや通販で済むようにしていたので、本当に久しぶりの外出でした。

いくつか店舗で買いたいものが溜まっていて、これを機に購入できたのでまたしばらく引きこもりができそうです。

Untitled

前回外出時の反省を踏まえて、KN95マスクとナノマスクの二重装着で臨んでみました。

これは医療用ではないようですが、それでもさすがにKN95マスクはつけ心地が一段と変わるものですね。

Untitled

2週間ぶりに外出してみて思ったのは、想像よりも多くの人がきちんと外出自粛されているのかもしれないということ。

夏休みシーズンとは言え、平日のオフィス街でこんなに人とすれ違わないものなのかと驚きました。

 

コロナ禍に入ってから初めての都心だったものですから、ルートを工夫したり、グリーン車を利用したりしたものの、それでも電車に乗る時間帯が混雑する時間と被ってしまったかも…とドキドキしていたのですが、自分が出勤していたころから考えると全然少ないと感じました。

 

ずっと家の中にいると、マスコミやSNSの情報がどうしても大きくなってしまいますが、そもそもニュースやSNSは主にイレギュラーが取り扱われるわけで、少数派が大きく見えてしまうのかもしれないと思いました。

 

ふだんも窓の外から聞こえてくる話し声というのが大きく聞こえてしまっていましたが、本当に皆が騒いでいたらそんな1つの声が目立たないくらい全体的に騒がしいはずでしたね。

飛び込んできたものについ視点が集中してしまいがちになっていたけど、おかげで気にならずに過ごせている時間というものに目を向けることができました。

 

細かいところで個々に情報や意識の差を感じる部分はあるものの、見えにくくても多くの人はかからないように気をつけているんだということに気がつけたのは、今回の外出における収穫でした。

とにかく無事接種できてよかったです 

これまでは都内に出るリスクを考えて自衛隊のワクチン接種を見送ってきました。

しかし、ワクチンを接種しに都内に出るリスクと、地元で打てるけどいつになるかわからないというリスクを天秤にかけた時、前者の方が低いのではないかと考えが変化していきました。

東京での接種決意に至るまでには、さいたま市のスケジュールが明らかになったのとデルタ株拡大の状況、HYDEさんの千葉公演の帰りに東京を通った経験が後押しになったように感じます。

 

実際、予約から1週間も経たないうちに1回目のワクチンを接種でき、2回目の予約もできて、スピード感に驚くとともにスケジュールが定まった安心感は大きいです。

 

接種完了(fully vaccinated)も予定では10月末のハロウィンライブに余裕で間に合いますし、おそらくさいたま市の接種を待っていたらそれは叶わなかったかもしれないと思うと、思い切って方針転換してよかったです。

関連記事

ciel-myworld.hatenablog.com


ブログランキング・にほんブログ村へ