私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

物の手放し方のすみわけと、とにかく物を減らしたい時やオタク部屋の断捨離にピッタリだった宅配買取【実体験】


ブログランキング・にほんブログ村へ

IMG_9844

ずいぶん物を手放しやすい世の中になりました。しえるです。

 

今ってリサイクルショップや古本屋以外にも、フリマサイト、宅配買取、オークションサイト、地元掲示板など様々な手段がありますよね。

 

自分の中でこれまでたくさんの物を手放してきた経験から、なんとなくの使い分け方が確立されてきました。

物の手放し方のすみわけと、とにかく物を減らしたい時やオタク部屋の断捨離にピッタリだった宅配買取【実体験】

私なりの物の売り方のすみわけ

ハイブランド品を持っていたらまた話が違うかもしれませんが、基本的には手間・責任と得られる対価が比例していて、さらに自分の持つ物の量と対応できる手間が反比例の関係になっていると思います。

 

宅配買取<フリマ<オークションというように、簡単に売れるものは安価で、手間をかけて責任を負うと高く売れる可能性が増えていくイメージです。

宅配買取は会社に売るという形ですが、フリマやオークションは会社のシステムを通すとは言え、基本は個人間のやりとりが主体となるので責任がどうしても増えてしまいますね。

 

そして物を持つ量が多いほど、手間をかける余裕がないので、少しでも高いお金を得ようと手間がかかることをやろうとすると、挫折して片づかないという悪循環に陥ってしまったり。

 

リサイクルショップや古本屋は、持ち込む手間が面倒な割に二束三文にしかならないので、だいぶ淘汰されていってるなと感じます。

nlab.itmedia.co.jp

 

最近の私自身は余裕を持って断捨離できるようになったので、何かを手放す時にはメルカリを活用しています。

しかし、物が多かった頃は宅配買取にたくさんお世話になっていました。

ciel-myworld.hatenablog.com 

今回は、そんな宅配買取に焦点を当てていきたいと思います。

本・ゲームや雑貨類の宅配買取

昔の自分の家は、とにかく本・CD・ゲームと雑貨類まみれでした。

とにかく所有量の総量を減らしたくて、宅配買取を使っていました。

宅配買取は、箱に売りたい物を入れて集荷してもらうだけという手軽さが何より重宝しました。

駿河屋 

最初は本やゲームが多かったので、駿河屋に買取をお願いしていました。

駿河屋を利用したポイント
  • 無料査定してくれるので事前に価格がわかり、価格保証もあり
  • 査定価格3,000円以上、もしくは30点以上で送料が無料
  • 本、ゲーム、CD、DVD、Blu-ray、おもちゃというジャンルがドンピシャ
駿河屋のデメリット
  • 振込手数料がかかる
  • 自分で箱を用意しないといけない

買取王子

ネットで買取【買取王子】

物の手放しを重ねていくうちに、売却価格よりも買取の手軽さを求めるようになり、次第に買取王子にお世話になるようになりました。

買取王子を利用したポイント
  • 箱がなくても買取箱を手配してくれる
  • 申込時に集荷もあわせて依頼できる
  • 1点からでも申し込みが可能
  • 送料・振込手数料・返送料が無料
  • 自分に恩恵のある買取金額アップのキャンペーンが多い
  • 家電、金券、お酒、アウトドア、スポーツ、楽器など取り扱いジャンルが幅広い
買取王子のデメリット
  • 事前査定ができない

kaitoriouji

買取箱を用意してくれるのは本当に助かります。

IMG_5843 (2020-06-01T02_09_14.850)2

買取箱の中に詰めていきます。

 

細々したものを売る際には事前査定するのも面倒になっていたので、箱が届いたら入れるだけというのは本当に楽でした。

取り扱いジャンルが幅広いので、売るもののオタク色が減っていたのもまたちょうどよかったです。

買取王子で売ることができないもの

大型商品(重さ30kg以上のもの)
定価が1,000円未満の雑貨類・消耗品
壊れているもの、改造されたもの、汚れが多いもの
匂いが強いもの(香水・タバコなど)
電気または電池で動作する製品で、電源が入らないもの
動作するが付属品がなく、通常の使用に支障をきたすもの(リモコンや専用コードの不足など)
使用(賞味)期限が半年以内のもの
法令により売買や所持が禁じられているもの 

初めてのパソコンの宅配買取

2020-09-20_17-50-01_690

ずーっとデスクトップパソコン派だったのですが、いろんな仕事をする中で持ち運びできる利便性を痛感し、ノートパソコン派に変わりました。 

そんな心境の変化から、今回思い切ってmac miniを手放すことに。

 

これまでパソコンは壊れて買い替えばかりだったので、初めてのパソコンを手放すという経験です。

データを取り扱う機材は、自身でデータ消去をしてもメルカリに出すのはなんか怖いし、梱包にも自信がないので、専門の買取業者をあたることにしました。

手間以外の、もう1つの負担となる責任問題ですね。

売った後に何かあっても責任を負える自信がないですからね…。

 

5社くらい買取価格の見積もり査定をお願いした中で1番買取価格が高かったのは、秋葉館でした。

 

しかし今回の買取は、梱包・発送にかかる手間や費用を考えてPC WRAPにお願いしました。

決め手となったポイント
  • 送料は着払いでOK
  • 査定額が10,000円以上だった場合、梱包キット手配可
  • データ消去作業 無料

    2020-09-26_20-50-59_447

梱包キットは、買取をお願いする商品の寸法や配送先情報を連絡したら、次の日にはうちに届いていました。

連絡メールが迷惑メールフォルダに行ってて気づけていなかったのもありますが、対応の速さに驚きです。

中には複数種類のエア包装材や段ボールが詰められていました。

2020-09-26_21-15-02_556

どう詰めればいいかまでは指示がないので、とりあえずモニタに段ボールを当てて、後は適当に合いそうなものを選んでパッキングしました。

 

買取結果としては、買取キャッシュバックキャンペーンもあり、特に査定から減額もなく、約26,000円で買い取っていただけました。

着荷したその日に振込まで完了し、最後までスピーディな取り引きに大満足です。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ