私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

2023年3月末で閉園…ラルクのMVロケ地でもある映えスポットを謎解きしながら散策:星の王子さまミュージアム(神奈川県箱根町)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Untitled

星の王子さまミュージアム

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
TEL:0460-86-3700
開園時間:10:00~18:00 
定休日:第2水曜日(3月・8月は無休)
メンテナンス休園:2023年1月10日(火)~2023年1月12日(木)
駐車場:有料112台

アクセス:箱根登山鉄道 強羅駅から箱根登山バスで約20分、箱根登山鉄道 箱根湯本駅から箱根登山バスで約30分 川向・星の王子さまミュージアムで下車

※2022年11月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.tbs.co.jp

2023年3月末で閉園…ラルクのMVロケ地でもある映えスポットを謎解きしながら散策

大ベストセラーの名作『星の王子さま』、子どもの頃は絵が怖くて苦手だったんですけど、大人になって改めて読んで大好きな作品になりました。

そんな『星の王子さま』のミュージアムが箱根の仙石原(せんごくはら)にあるのですが、先日2023年3月末での閉園が発表されてしまいました。

閉園まで半年を切っているということですが、今回紹介していきたいと思います。

箱根登山バスで向かいました

Untitled

強羅駅箱根湯本駅からは、箱根登山バスミュージアム前まで行くことができます。

小田急電鉄小田原線が直通している箱根湯本駅では、エヴァンゲリオンラッピングバスがいてテンションが上がりました。
(黄色の零号機だけは2022年5月29日に運行終了しているようです。)

51531051913_97d7254b96_o

箱根湯本駅はこちらの階段・エスカレーターから3番乗り場に向かい、桃源台方面行に乗っていきました。

メインゲート

Untitled

看板と白いゲートが目印。

Untitled

Untitled

ゲートにはベゴニアの鉢が。

Untitled

よく見ると鳥さんが潜んでいました。

Untitled

円錐型が特徴的なアジサイノリウツギ

Untitled

小惑星B612の広場。構図が難しかった…w

チケット売り場&エントランス

Untitled

チケット売り場ではフィルムカメラ写ルンです』とアルバムBOOKのセットが売られていました。

Untitled

アソビュー!では前売り入園券や謎解きプログラムとのセットチケットが少しお得に事前購入できます。

Untitled

エントランスもかわいらしい雰囲気。

ベビーカーや車いすを借りられるようです。

Untitled

星の王子さまの挿絵が壁に描かれていました。

Untitled

王子さまとキツネを見つけたのに、ごはんを食べてまったりしたら報告するのを忘れて帰ってしまいました。笑

ローズガーデン

Untitled

ローズガーデンは季節外れだとこのような感じでした。

バラの見ごろは5月下旬~7月上旬だそうです。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

これはダリア?キレイでした。

Untitled

いろんな花が咲いてますね。

Untitled

クリスマスローズの花園。

王さま通り

Untitled

作者のサン=テグジュペリが生まれたフランス・リヨンの1900年代の街並みを模した王さま通り、かわいらしくてウキウキします。

展示ホール&映像ホール

Untitled

華やかなフォトスポットが用意されていました。

Untitled

劇場舞台がかわいらしいです。

Untitled

天井にも王子さまが。

Untitled

この先から撮影禁止ゾーンとのことで、サン=テグジュペリにまつわる展示がありました。

リヨンの生家から飛行士時代、作家として星の王子さまを生み出したNYのアパートなど、生涯の軌跡をたどることができるのですが、かなりボリュームたっぷりでした。

Untitled

出口付近まで来ると再び撮影OKに。

Untitled

自分の威光が何より大事で、自分以外はすべて自分の命令を聞く臣下だと思っている王様。

Untitled

朝に街灯を消して夜に街灯を点けるという命令から、自転が速まった星で1分に1回街頭を点けたり消したりし続ける作業を休めない点灯夫。

Untitled

探検家の報告を書き留めるために研究室にいるものの、探検家がいないため自分がいる星のことを何も知らない地理学者。

Untitled

絆を結んだことで有象無象ではなく世界に1匹だけの大切な存在となったキツネ。

飛行士通り

www.youtube.com

L'Arc~en~Cielの『GOOD LUCK MY WAY』のMVのロケ地として、この飛行士通りやパルク・デュ・プチ・プランス周辺が使われています。

Untitled

こちらの飛行士通りは1930年代のパリの街並みなのだそうです。

Untitled

風見象を飲み込んだウワバミにはニヤニヤしてしまいました。

Untitled

Untitled

この外灯がすごい低くて、150cm台女性でもランプの部分に手が届いてしまうほどでしたw

ウワバミの小径(こみち)

サン=テグジュペリ教会への道は歩いていた時には全然気づきませんでしたが、上から見ると実は、象を飲み込んだウワバミになっていたようです。

Untitled

この王様、またいやらしい顔してるなぁ~。笑

Untitled

5億以上もの空の星を数え続け、自分の所有物だと言い張る実業家。

Untitled

なんか展示ホールの点灯夫より無気力感が増している気がするw

Untitled

ヘビと王子さま。

サン=テグジュペリ教会

Untitled

サン=テグジュペリ幼年時代を過ごした、サン=モーリス・ド・レマンス城にある教会を再現しているのだそうです。

Untitled

ステンドグラスにキツネが隠れているということで、最初はこれかぁと思ったけど、バラも考えるとエモいですね。

Untitled

蝶々のシャンデリアも素敵。

王子さまの井戸

Untitled

サン=モーリス・ド・レマンス城&パルク・デュ・プチ・プランス

51531060088_6234b737a1_o

庭園に着く頃、ちょうど晴れてきました。

51531525144_c1257d2e18_o

サン=テグジュペリが幼少時代を過ごしたサン=モーリス・ド・レマンス城館を再現。

51531938750_0cdb33f957_o

映えスポットなだけあって、楽しそうに女の子たちが撮影していました。

Untitled

Untitled

Untitled

ミュージアムショップ

Untitled

ミュージアムショップは象を飲み込んだウワバミの面白いグッズなどがそろっていました。

Untitled

ミュージアムショップ内は写真NGでした。

Untitled

脇の花壇ではイチゴがなっていました。

レストラン ル・プチ・プランス

Untitled

お腹ペコペコになった最後、レストラン ル・プチ・プランスでごはんを食べました。

テラス席も気持ちよさそうですね。

51531165298_835d1072c1_o

こんな感じでかわいらしい店内です。

Untitled

点灯夫のライトもかわいいですね。

Untitled

あれ、象を飲み込んだウワバミ…。

Untitled

ランチョンマットとメニュー。

Untitled

がっつりごはんメニューもあります。

Untitled

サン=テグジュペリが生まれたリヨンにちなんだメニューもありました。

Untitled

作品にちなんだメニューもちゃんとあります。

Untitled

本日のキッシュ&ローズガーデン風サラダプレートも気になりましたが、もっとガッツリ食べたい気分。

Untitled

デザートメニューもそろっていますが、お腹が空いてしかたないのでこの時はスルー。

Untitled

ドリンクメニューも気になるものがちらほら。

Untitled

セットのサラダ、パン、本日のスープと砂漠のオアシス(ドリンク)。

Untitled

初めてのバタフライピーティーでした。普通においしいんですね。

Untitled

レモンをかけると色が変わるハーブティーです。

Untitled

あまりにもお腹が空いていたのでがっつりと、小惑星(ほし)の火山のデミグラスハンバーグをいただきました。

Untitled

温泉卵をON!このあと間もなく崩れていきましたがw

Untitled

もう1つ迷っていたウワバミのオムライスは連れが食べてました。

動画

youtu.be

www.youtube.com

謎解きプログラム

Untitled

星の王子さまミュージアムではタカラッシュの謎解きも遊べて、私は第3弾の『星の王子さまと導きのダイス』をプレイしました。
クリアしたけど、ちょっとモヤモヤした記憶が残っていますw

現在は第4弾『星の王子さまと思い出の日記帳』が開催されています。

huntersvillage.jp

地図

近隣情報

ciel-myworld.hatenablog.com


ブログランキング・にほんブログ村へ