私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

【自分の強みとは?】ストレングス・ファインダー2.0の診断結果が1年半後に実感湧いてきた


ブログランキング・にほんブログ村へ

さあ、才能に目覚めよう ストレングス・ファインダー2.0 強み 才能

自分自身の理解は最重要項目。しえるです。

 

転職で自分の苦手を理解したとき、この先は「自分の得意を生かしていかないとダメだ」と痛感しました。

そこで自分の得手不得手を正しく理解することは自分への投資だと思って、自己理解のためにやれるものは全部やろうって思ってなりふり構わず取り組んでいた時期がありました。

 

今はちょうど自分の中で大きな気づきがあり、得意を生かしていくために今後について思い浮かんだことを整理しています。

それと同時に方向性が見えたことで、これまでのインプットが役目を終えたと感じ、不要になったものを一気に手放しています。

 

その手放そうとしている中に「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」がありました。 

【自分の強みとは?】ストレングス・ファインダー2.0の診断結果が1年半後に実感湧いてきた

ストレングス・ファインダー2.0とは?

アメリカのギャラップ社が開発した、人の強み(=才能)を見つけ出すオンラインツールです。

 

Webサイトで177個の質問に答えることで、強みの元となる『無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン』を割り出していきます。

そのパターンは34の資質に分けられ、より要素が強い資質から順位づけされたものが診断結果として得られます。

heart-lab.jp

診断は有料で、公式サイトやアプリから直接購入するか、書籍に付属するアクセスコードを使って受けることができます。

診断結果を再確認したら発見があった

改めて診断結果を見返したところ、めちゃくちゃヒントが詰まっていることに気づきました。

 

というか見えた方向性に対して当てはめて考えると、気持ちのいいくらいピッタリと当てはまるんです。

このブログについても、自分が書きたいことや書く理由が見事に当てはまっていて、先日の「何のためにブログを書くのか?」を書いた時のおさらいかのように感じました。

(お陰様で日に日に着実に読者様が増えております。たくさんの方にご登録いただいており、誠にありがとうございます。)

ciel-myworld.hatenablog.com

1年半前に診断を受けた当時のこと

実は1年半前の診断を受けた直後に、この本について書こうとしていたことがあって、その時の下書きに当時の思いが残っていました。

そこには自分自身を理解するために、どうすればいいのかわからないながらも「借りれる力は何でも借りてやる!」とまで言って、ガムシャラに取り組む姿が見受けられました。

 

その時の私が結果を見た感想は「あぁ~なるほどねぇ…たしかに…ねぇ??」という感じで、思い当たる節がなくもないが、ピンとは来ていない様子でした。

以前、環境を変えたことで得意なことに気づけたと書きましたが、環境を変える前はそんなレベルにしか捉えられていなかったということですね。

ciel-myworld.hatenablog.com

たった1年半でこんなにも診断結果に対する感じ方がこんなにも変わるのかとビックリしました。

怒涛の日々で色々ありましたが、きっと自身の強みを知るための1年半だったんだなと思います。

そして、この診断結果を今まで忘れていたのに、まるでこの結果が基に始めたのではないかと思うようなブログをがっつり書いていることに驚きです。

私、しえるの診断結果は…

私のトップ5の強みは以下の通りでした。

  1. 共感性

  2. 学習欲

  3. 収集心

  4. ポジティブ

  5. 活発性

1.共感性

周りの感情・視座を理解し、適切な言葉、適切なトーンで感情の代弁をする。
選択を受け入れるわけではないが理解する。
感情の不安定を理解できても許す必要はなく、毅然と対応する。
人の幸せに喜びを感じ、人の成功を肯定する。
信用が最も大事。

私は共感性が高すぎて、自分を出すことが苦手でした。

繊細さんはおそらくこの資質が高いのではないでしょうか。

 

でも共感性が高いということは、それだけ相手の感情を理解し、思いやることができるということです。

ただ、他人との線引きを覚えるだけで、とてつもない強みになるんだと感じています。

 

先日書いた繊細さんの幸せリスト、アドラー心理学や「自分の小さな「箱」から脱出する方法」あたりは、他人に引っ張られすぎない思考を得るのに役立つと思います。

今読んでいる「3月のライオン」も、他人への共感がとても丁寧に描かれている素晴らしい漫画です。

2.学習欲

内容や結果より学ぶプロセスに心惹かれる。
事実を知り、学びを復唱し、スキルを習得する。
人生、世界は常に変化する。変化を起こす、記録を残す。

私は答えよりもなぜそうなるのかを知ることに面白さを感じます。

自身の体験で知ったことをこのブログでアウトプットすることで、より深く自分の血肉となっています。

3.収集心

知りたがりを生かす。情報を利益に結びつける。
情報、言葉、事実、引用文のストック、語彙を増やす。
データベースの充実、整備、取り出す仕組み。共有の場。
アウトプット、インプットの時間を設ける。

収集心もこのブログに大いに役立っています。

趣味のコレクションだって1つの見世物として価値がありますもんね。

飲食店をやっていた時も、自身がそれまでに趣味の食べ歩きで撮ってきた1,000軒以上分の他店の写真が大変参考になりました。

 

ログ癖のある方は、実は貴重なスキルです。普通はめんどくさいらしいですよ。笑

4.ポジティブ

よく褒める、微笑みかける、人々を励ますことに最高の喜び。
熱意の伝染、世界がより良いものに見えてくる。
単調な毎日、プレッシャーを感じる人たちを明るくする方法。
仕事は楽しいものにできるという信念、何事もよりいきいきしたものにする。
生きていることは素晴らしいと、肯定的な面に目を向ける。
悪いことが起きるかもしれないことをわかったうえで、それでも楽観的である理由を伝える。現実に根ざしたものだと理解を得る。
悪影響からは離れて肯定的な環境に、否定的なものは避ける。
障害にぶつかったとき、大した問題ではないふりをしない。
人生にユーモアやドラマを見出す人と励まし合う。

私はずっとネガティブだと思って生きていたんですけど、1周まわってポジティブになったようです。笑

このブログでは、少しでも気持ちが明るくなるような話題を提供して、誰かのささやかな楽しみの時間を増やすことができたらいいなぁと思って書いています。

 

いろいろ辛いことや大変なことはあったけど、だからこそ今こうやって幸せや喜びを感じられるようになったんだと、次の本を読んだお陰で心から思えました。

これは人生のターニングポイントになると感じるくらい特別な本なので、また別の記事で触れていきたいと思っています。

5.活発性

行動がすべて、行動から学ぶ。行動する理由の説明。
行動を起こさせたり、物事を進めさせたりする能力。活性化させるのが得意。
信用と忠誠心を得た時に発揮しやすい。時に人を萎縮させてしまうので注意。

私はどちらかというと、猪突猛進タイプです。

実際にやらないと学ぶことができないから効率が悪いのですが、失敗しないと学ばないと自分を理解してきたので、「とにかくやってみないとわからない」と行動力が上がっていきました。

実践してみてよいものがあったら、友人を巻き込んで和を広めていくのをリアル生活で楽しんできており、このブログはいわば、その延長線ですね。

 

さらに元をたどれば、学生時代に何もしてこなかったコンプレックスがあり、それをバネにしてここまでフル稼働してきました。(だからYouTuberのヒカルに共感するんですね)

ciel-myworld.hatenablog.com

お陰で今は知らないことも、知らないままにしなければ何も問題ないと知ることができました。

 

また、私の中で裏テーマとして「信用を得る」というものがあるのですが、5つの強みのうち2回も「信用」という言葉が出てきたのでやっぱり必要なものなんだなと改めて感じました。

 

正直、このブログを書くことで、しえるという人物に対して「信用」を得たいという気持ちが最も強くあります。

だから実体験しか書かないし、本音を追究しています。嘘や思ってもいないことは書きません。リアルの知人にもそうでない人にも自信を持って紹介できるブログを書き続けたいと思っています。

 

有名どころでいえば、ホリエモンキングコング西野もこの先の「信用」という価値によく触れていますし、ヒカルもリアルを追求することで得る信用の重要性について認識を改める動画をあげています。


【話します】やらせ疑惑とSNS削除について

まだ1記事書けるほどではないので、少しずつ時間をかけて「信用」について追求していきたいと思います。

診断を受けていてよかった

上に記した二重線枠内の診断内容は本から抜粋したものですが、診断を受けて得られるPDFのレポートファイルには、より個人に沿った「独自の強みの洞察」が記されています。

 

その内容を久しぶりに見てビックリしたのですが、最近気づいた私の「やりたいこと」そのものがそのまま明文化されていました。

答えが目の前に提示されていても、その意味に気づくための時間と行動が必要だったということですね。

 

昔読んだお話が、大人になって再び触れてみると全然違った視点で理解することがよくありますが、この診断結果もまた同じようにすぐにはわからなかったとしても、ちょっと寝かせると、とてつもない人生の大ヒントに化ける可能性があります。

自分に何ができるのかわからない時は、ひとつのよい参考投資になるかもしれません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ