私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

キーボードを見ないで打てるようになりたい方へ(ローマ字入力の場合)


ブログランキング・にほんブログ村へ

2020-05-06_13-19-00_055

ブラインドタッチは得意な方、しえるです。

 

最近ではブラインドタッチとは言わず、タッチタイピングというのが主流らしいですね。ブラインドタッチは和製英語なので、日本以外では通じないらしいです。

 

私は小2の時に、親がタイピングの練習をさせてくれたお陰で、苦なく自然にタッチタイピング(ブラインドタッチ)を身につけることができました。自分の世代にしてはかなり早めの体得だったと思うので、親に感謝ですね。

 

今回は、私がどうやってタッチタイピング(ブラインドタッチ)を身につけたかをまとめてみました。

なお入力方法はローマ字入力しかできません。かな入力・親指シフト入力はちんぷんかんぷんです。

 

どんなレベルのやつが話してるんだよとなってしまうかもしれませんので、参考までに一応自分のタイピングレベルを書いておきますね。

この記事を書くにあたって先日、練習なしで行ったファーストテイクの記録です。

e-typing:Score/376 レベル/Comet

寿司打!:スコア17,200円 1,040位

キーボードを見ないで打てるようになりたい方へ(ローマ字入力の場合)

入力方法は3つ

かな入力

キーボードの下側にあるひらがなで打っていく手法です。

打数が少なくなるのでスピードを求める方に好まれているようです。

ローマ字入力

キーボードの上側にある英字をもとに打つ方法。私が覚えているのがこちらです。

私はこちらの入力方法しかやっていないので、これから書いていく内容はローマ字入力を基準にしております。

個人的には、日本語も英語も打てるところに圧倒的メリットを感じます。

あくまでキーボードはスピードを求めるためのものではなく、文字を打って作業するためのものです。主流のキーボードで、日本語も外国語も対応できる汎用性の高さが優秀だと思います。

私自身英語は全然できないですけど、それでも日本語も英語も同じスピードで打てるのは役に立っています。

親指シフト入力

富士通が開発したワープロ時代のもので、一部の層に根強い人気があるようです。

親指シフト入力をするためには、専用のキーボードとソフトが必要なのだそうです。

最初に取りかかったことは3つの把握

ホームポジションを把握する

IMG_2698

なぜ、キーボードを見ずに押す場所がわかるのか?

それは、人差し指で基本ポジションを手探りしているからです。

キーボードの「F」と「J」をよく見ると、下側に出っ張りがあります。

この出っ張りがあるキー2つが人差し指を置くところとなるのです。

IMG_2726.00_00_07_24.静止画002

「F」と「J」に人差し指を当てます。

これを基準に、横に素直に指を並べていったものがホームポジションとなります。

IMG_2726.00_00_14_13.静止画001

キーボードのホームポジションに並べると写真のように。

それぞれの指から左上と右下が守備範囲で、人差し指だけ2列分という感じになります。

IMG_2733hp

PCキーボードのホームポジションの振り分けは上図のとおり。

ローマ字入力について

最低条件として、ローマ字がわからなくては打てません。

私の場合はタイピングを覚えた当時小2くらいで、授業でも全く英語がない状態だったので、まずはローマ字を覚えるところから始めました。

そんなのわかってるわ!という方は飛ばしてください。

 

いろんな打ち方ができる場合は、なるべく打ちやすさと打数を重視して採用しています。しはshiではなくsi、ちはchiではなくtiなど、すぐに打てる方を選ぶなどですね。

慣れでめんどくさい打ち方してるな~って時もありますが、そこはご愛嬌。

 

「ゃ」「ゅ」「ょ」などの拗音は忘れがちなので、たまに何が正解だっけ?と沼にハマる時があります。特に「た」行系。

laぁ liぃ luぅ leぇ loぉ ltuっ lyaゃ lyuゅ lyoょ(「l」は「x」でも代用可)

kyaきゃ kyiきぃ kyuきゅ kyeきぇ kyoきょ

gyaぎゃ gyiぎぃ gyuぎゅ gyeぎぇ gyoぎょ

qaくぁ qiくぃ quく qeくぇ qoくぉ

shaしゃ shuしゅ shoしょ(「h」は「y」でも代用可)

jaじゃ jyiじぃ juじゅ jyeじぇ joじょ 

chaちゃ cyiちぃ tyuちゅ tyeちぇ cyoちょ

dyaぢゃ dyiぢぃ dyuぢゅ dyeぢぇ dyoぢょ

thaてゃ thiてぃ thuてゅ theてぇ thoてょ

dhaでゃ dhiでぃ dhuでゅ dheでぇ dhoでょ

faふぁ fiふぃ fuふ feふぇ foふぉ

fyaふゃ fyiふぃ fyuふゅ fyeふぇ fyoふょ

キーボードの配列を覚える

IMG_2733

「q」「w」「e」「r」「t」「y」「u」「i」「o」「p」

「a」「s」「d」「f」「g」「h」「j」「k」「l」

「z」「x」「c」「v」「b」「n」「m」

というキーボードの配列もやはり覚える必要があります。

これは練習しながらでもいいし、最初に配列を覚えてしまうのも一つの手です。

 

私のオススメの順番としては、まず母音の「aあ」「iい」「uう」「eえ」「oお」を覚えてしまいます。

あいうえおを体に慣れさせたら「k」「s」「t」「n」「h」「m」「y」「r」「w」と「か」行から順に子音をつけて、五十音に慣れていきます。

これを繰り返していると、だんだんキーボードの配列が感覚的につかめてくると思います。

 

この練習法をしていると、五十音で使わない子音が出てきますよね。

そんな時は、五十音に慣れた頃にショートカットも合わせて覚えていくと、より体にしみついていくかと思います。

ショートカットも覚えておけば得しかないので、一石二鳥でオススメです。

ciel-myworld.hatenablog.com

あとは練習あるのみ!

以上のように体が覚えてしまえば、ホームポジションで手のセット位置がわかるので、手元を見なくても打つことができるようになるというわけです。

もちろんある程度練習はしないとできるようになりません。

最初は正確に文章を打つことを目指します。

スピードは慣れていけば後からついてくるので無視です。

職場などで周りのタイピング音が気になってしまうこともあると思うのですが、こちらは気にする必要はありません。

聞こえてくる打つ音に対して、本当に打てている数が比例している人は少ないものです。それよりも自分が確実に打てるようになることを意識しましょう。

正確に入力することこそが、最もスピードに繋がります。

練習は無料のタイピングサイトで

ここから先は地道作業なので、いかに自分の性格にあった練習ができるかだと思うんですね。作業となると飽きてしまうので、私ならタイピングサイトなどを利用します。

いくつか下記にピックアップしてみたので、自分に合ったサイトを探してみてください。

e-typing

www.e-typing.ne.jp

王道の腕試しタイピング。黙々と練習するのに良いですね。

個人的には淡々と字を読んで打つだけのところが好きです。

寿司打

typingx0.net

ゲーム感覚で楽しくやりたい人に向いていると思います。マコなり社長がよく動画で勧めているサイトですね。私は迫ってくるスクロール系が好きではないので苦手です。。

でも春にやった時は18,000円超の約800位だったのに、冒頭のチャレンジで順位落ちてて悔しかったのでちょっと鍛えなおそうかな…

ポケモンの名前deタイピング

typing.twi1.me

お子さんはの場合は、こういったなじみのあるゲームキャラの方が楽しめるかもしれません。実際に小学生の日本一になった男の子はポケモンの名前を打つ練習で速くなったそうです。


【タイピング】5分で1729文字ノーミス!タイピング日本一の神技はポケモンから生まれた?!【スゴ技】

試しに1回チャレンジしてみたところ、5,454点で8位でした。

ポケモンタイピングはDSキーボード付きで発売もされています。

名探偵コナンのタイピングも面白そうですね。

練習すれば身につくスキルです

タッチタイピングの取得にするべきことは、かなりシンプルです。

大人になってからも、スマホフリック入力練習も同じ要領で身につけたので、効果的だと思います。

私にもできるかも?ちょっと頑張ってみようかな?と思っていただけたら幸いです。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ