私の好きな場所

人生を楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

記事内のリンクには広告が含まれています。このブログでは「私の好きな場所」を求める私しえるの体験談を基に更新中。

初めての米津玄師さんのライブで思ったこと


ブログランキング・にほんブログ村へ

IMG_7525

米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃

2019.3.10

幕張メッセ4〜6ホール

 

私が米津玄師さんを好きになったきっかけは

メトロのCMで流れたアイネクライネでした。

ライブ行きたいなーってずっと思っていて

ようやくチケットが取れて行くことができました!!

しかも米津さんのバースデーライブ!!!

 

そんな私がライブで思ったことを書いてみます。

愛ゆえの提言です。

 

IMG_7502

 グッズは久しぶりに並んで買いましたよ。2時間くらいかな。

米騒動」と呼ばれるくらいすごいっていうのはネットで目にしていたけど

L'Arcで4時間並んでた私には特に問題なく、良い読書時間となりました笑

IMG_7532

ガチャガチャもやりました。クジラと犬が欲しかったけど全然違うの出た笑

結構列の進みに時間がかかっていて

やっぱりラルクリの両替とガチャの列を分けていたのは素晴らしいんだなと再認識。

B6143ABE-9309-4296-BD96-713F1A75EF79

入場したらこのリストバンドを巻きます。

 

[SetList]

Flamingo

LOSER

砂の惑星

飛燕

かいじゅうのマーチ

アイネクライネ

春雷

Moonlight

打上花火

amen

Paper Flower

Undercover

爱丽丝

ゴーゴー幽霊船

ピースサイン

Nighthawks

orion

Lemon

-Encore-

ごめんね

誕生日サプライズ

クランベリーとパンケーキ

灰色と青

 

曲は最高だし、本人はめちゃくちゃかっこいいし

音響も良かったし、世界観仕上がってるのも良かった。

セットリストだってiPhoneで聴いてる今も素晴らしいと思う。

 

でも本音を言えばちょっと寂しかった。

いや、かなり寂しかった。

 

私は今日をすごく楽しみにしていた。

アイネクライネで一目惚れしてから早5年、念願の初ライブ。

 

だがいざライブが始まってみたら米津さんの姿を見れない。

モニタで映してくれると思いきや出てきたのは背景演出の一環である。

初めて米津さんの姿をはっきり確認できたのは数曲だけである。

 

多分他の会場はサイドスタンドや傾斜があって

幕張メッセに比べたら全体的に見やすかったのかなとは思う。

これを決めるのが本人かスタッフか知らないけど

どちらにしろ誰一人観客席から確認はしなかったのか?

 

 

この最高なセトリを心から楽しめなかったことが残念だ。

  

せっかくパフォーマンス集団がパフォーマンスしていても

その演出がほぼ見えないのだ。何してるのかわからない。

見えなければ何も感じようがない。

 

ライブで巻き起こる一体感も演出も本人も見れない。

 

ライブに期待するのは聴覚的なものだけではない。

セトリ、音響、演出、衣装、動き、MC、お客さんとの一体感

総じて五感で楽しむものだ。

 

何のためにライブに行くのか?

1番大きいのは生の米津玄師を見たいの一言に尽きるだろう。

本人を見たい、会いたい、動いている姿を見たい

そのためにわざわざ決して安くはないお金を払って

会場まで駆けつけるのである。

米津さんなら余計にメディアでほぼ見ることがない本人を

生で拝めるのだと楽しみに来てる人はいっぱいいたと思う。

それは映像作品で見てくれ?そしたらライブに行く意味とは?

何のためにお金を払うのか?

 

姿が見えなくても生の歌声を堪能できるか?

超絶上手すぎて、声だけで鳥肌レベルならいいかもしれない。

決して下手なわけではないし、むしろ強い喉をお持ちだと思ったが

でも残念ながら聴覚だけで感動するようなレベルのものではない。

だったら私はDuranくんの方が感動してしまう。

 

例えば最初にボルテージ上げまくって相当上げとけば

また違うかもしれないがしっとりモードのセトリはひたすら追い討ちだ。

 

例えばライブでしか聞けないアレンジとか

ライブではやっぱりライブならではの特別を感じたいものだ。

 

 

 

ていうかそもそもライブにまた来たいと思ってもらうための

満足追求をし続けるからこそ、お客もまた来ようと思ってくれるのではないか?

多分今は人気の絶頂だからいいかもしれないが

今回のようなライブを続けないでほしい。

 

ブームというのは恋は盲目と同じで

それでも良い所を見つけて好意的に受け止めてくれるから

いいかもしれないが、ブームを一過性ではなく

本物としていくには満足追求するたゆまぬ努力が必要だと思う。

私はラルクを通じて20年かけてそれを体感してきた。

ファンの暴走、メンバーの軋轢、いろんなものを乗り越えて

今ではバンドとファンはお互い寄り添ったとても良い関係を築けていると思う。

 

正直、今回のは観客の気持ちを考えてもらえないライブと感じた。

最前ブロックは楽しかったかもしれないが他は?

モニタがあったが本人が映るのは体感1/3もないくらい?

あとの1/3は超豆粒で、1/3は姿が全く見えない。

舞台で起こっている演出はほぼ映らない。何が起きているのか状態。

眩しくて直視できない客席直撃のライトとかもそう。

 

 

若い子が多いと感じたが、ライブはこんなものだと思わないでほしい。

キャパが広くてももっとアーティストを身近に感じられるライブはいっぱいあるよ。

 

百戦錬磨と比べるのは酷だが、L'ArcやB'zのお客さん全員が楽しめるように

という気持ちの詰まった構成の素晴らしさを再認識することになるライブとなった。

 

誰かにとっての初めてのライブ、初めての遠征になるんだという気持ちに寄り添ってほしい。

せっかく行っても姿が見れないのであれば最終的に客足遠のくのは自明の理では?

焦らしだとしたらドSすぎるぞ。

世界観も大事だがせっかくの世界観も見えなければ意味ないのでは?

ぜひ世界観を全員に届けるという視野を増やしてほしい。

  

こんなに散々色々言ってきたが、

私は今回のライブで米津玄師さんがさらに好きになった。

MCとかで感じた人柄がとても好きだ。

 

予想以上に大きくなった環境に対して真摯に誠実に向き合う姿に

あぁやっぱり素敵な人だなぁと思ったからこそ

波に飲まれず、これからも素敵な曲を作り続けていってほしい。

でも若い子が多かったからあのMCの意味が本当の意味で

伝わらない人もいるんだろうなぁと思うと切ないものがある。

 

こんなライブの中でもテンションが上がらなかった部分がなかったわけではない。 

Lemonでレモンの香りがしたのは驚いた!!嗅覚は初めて体験する演出!

空調設備に仕掛けがあったのかな?

あと灰色と青のアレンジはとっても素敵だった!!!

最後にちょっとステップ踏む米津玄師さんやはにかむ姿が見れたのも嬉しかった。

全体的に音響のバランスも良かったと思う。

 

ハッピーバースデーはもうちょっと歌いやすく伴奏してほしかったな笑

ケーキはすごかった…!!祭壇みたいなの出てきた笑

消防法的にだと思うけどLEDライト笑

バレバレすぎるサプライズだったけど、米津さん誕生日おめでとうございました。

 

28歳、まだまだこれから。

ぜひより良いものを届けていってほしい。

大好きだからこそ、言いたい。

 

とりあえず次は地方の会場狙おうかな笑


ブログランキング・にほんブログ村へ