私の好きな場所

人生を楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

記事内のリンクには広告が含まれています。このブログでは「私の好きな場所」を求める私しえるの体験談を基に更新中。

「元旦」と「元日」校正していて違和感を覚える日本語の話。


ブログランキング・にほんブログ村へ

しえるです。今年もよろしくお願いいたします。

2024年1月1日になりましたということで、今日という日にまつわる雑学をひとつ。

1月1日を表すのに「元日」「元旦」という言葉が使われることが多いと思いますが、厳密にはこの2つの言葉の意味は同じではないと考えられています。

というのも「旦」という字は地平線から日が昇る様子を表現しているので、「元旦」は「元日の朝」を表していると考えられているのです。

  • 元日…1年の最初の日。1月1日。国民の祝日の一で、年のはじめを祝う日。
  • 元旦…元日の朝。元朝。また、元日。
    [補説]「旦」は「朝・夜明け」の意であるから、「元旦」を「元日」の意で使うのは、本来は誤り。ただし、「元日」と同じように使う人も多い。

デジタル大辞泉小学館

辞書では元旦に「元日」の意味も含められて書かれていますが、補説で「本来は誤り」とも書かれていたりします。

言葉は変わりゆくものですが、こういった成り立ちを知って納得できると、本来の意味を大切にしたいなぁという気持ちがあります。

私の中で「元旦」と聞くと、日の出の様子が思い浮かばれるので、「元旦の夜」など日が暮れているのに「元旦」という言葉が使われるのは特に違和感を覚えます。

「元旦の朝」?|NHK放送文化研究所

関連記事

ciel-myworld.hatenablog.com


ブログランキング・にほんブログ村へ