私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

【歴代おすすめ】15年来の海外ドラマ好きが面白いと思う「犯罪捜査」海外ドラマ12選


ブログランキング・にほんブログ村へ

10.10 Takamadonomiya Cup Semi Final

犯罪捜査系事件モノの海外ドラマ大好き、しえるです。

 

元々「ダークエンジェル」「X-FILE」あたりから海外ドラマに入っていったのですが、気づけば見るドラマのジャンルがきれいに事件モノに偏っていました。

そんな15年来の海外ドラマ好きの私がおすすめ番組を紹介します。

 

「ストーリーや事件の謎解きが面白く、捜査する姿がカッコイイ」

「チームの1人1人が魅力的、家族のようなチームワークに憧れる」 

「チームメンバーのやりとりが面白くてニヤッとしてしまう」

こういったドラマが好きな方にオススメです。

【歴代おすすめ】犯罪捜査を題材とした海外ドラマ12選

1.CSI:科学捜査班

<シーズン1~15(完)>

CBSで放映された、パイレーツオブカリビアンジェリー・ブラッカイマーが総指揮をとるサスペンスドラマの金字塔。

欲望の街・ラスベガスを舞台に最新科学で捜査する姿がとてもかっこよく、私にとって犯罪捜査ドラマにハマるきっかけとなりました。

個人的には捜査官ウォリックとニックの良いライバル関係、お調子者グレッグの成長、イケメン脇役のアーチーが見どころです笑

若かりし頃のジャスティン・ビーバーテイラー・スウィフトザック・エフロンダコタ・ファニング、テニス界レジェンドのジョン・マッケンロー、KISSのジーン・シモンズや人気カントリーバンドのラスカル・フラッツなど錚々たる豪華メンツもゲスト出演しています。

 

実は当初、科学捜査をする鑑識チームはあったものの、CSIというセクションは存在せず、あくまでドラマのフィクションでした。しかし、ドラマのヒットにより就職志願者が殺到し、実際の警察署が組織改編で科学捜査セクションを独立させCSIと名づけられました。フィクションが現実となるほどの影響を与えたモンスタードラマです。 

主任が何度も変わったり、後半はだいぶドロドロの展開でしたが、やはりCSI:抜きには海外ドラマは語れません。

2.CSI:マイアミ

<シーズン1~10(完)>

10.10 Takamadonomiya Cup Semi Final

先に紹介したCSI:人気から生まれたスピンオフ、CSI:シリーズ2作目です。

本作は常夏のマイアミが舞台となり、雰囲気がガラッと一変します。

ビーチでの事件、麻薬カルテルとのドンパチや、野生ワニの出るエバーグレーズ国立公園での捜査など、ベガスとは全く違った趣向のCSI:となっています。

主人公であるホレイショ・ケイン警部のキザさと、銃撃戦や爆弾などド派手にやりあう捕縛劇に最初は驚きましたが、だんだんクセになっていきました。(字幕版で見ると印象がまた変わるのですが、私はもう石塚運昇ボイスがしみついてしまいました笑)

科学捜査の最新技術もさらにパワーアップし、タッチパネルで近未来的に捜査する姿に衝撃を覚えたものです。

当時は女捜査官、銃のスペシャリストのカリー・デュケーンにめちゃくちゃ憧れました。

3.CSI:NY

<シーズン1~9(完)>

10.10 Takamadonomiya Cup Semi Final

CSI:のスピンオフ第2弾です。今度の舞台はアメリカの中心・ニューヨーク。 

フォレスト・ガンプ」や「スネークアイズ」で有名なゲイリー・シニーズが主人公で驚きました。それまでは映画で見た人がドラマに出ているイメージがなかったので。

最初は結構暗い印象だったのですが、だんだん明るく温かな雰囲気になるとともに、親しめるドラマになっていきました。

CSI:シリーズの中ではNYのチームが特に好きだなぁと思います。主人公のマック・テイラーとステラ・ボナセーラ、また終盤入ってきたジョー・ダンヴィルのような上司の元で働きたいと思ったものです。

4.CSI:サイバー

<シーズン1~2(完)>

最後のCSI:スピンオフは警察署ではなくFBIが舞台。

IoTやオンラインバンクのハッキングなど、サイバー犯罪を題材にしたドラマです。

主人公は「6才のボクが、大人になるまで」でアカデミー賞助演女優賞を獲得したパトリシア・アークエット。この頃はまだアカデミー賞獲得前で、ドラマ「ミディアム」の印象が強かったので、これも驚きましたね。

ドラマ自体はすぐに打ち切られ、CSI:シリーズの終焉となってしまったのですが、想像だにしない最新技術を使った事件がとても興味深く面白かったです。ジェットコースターが乗っ取られたのは衝撃でしたね。

SNSから発生する事件もあり、ネットリテラシーについて色々考えさせられ、大変勉強になりました。 

5.クリミナル・マインド FBI行動分析課(FBI vs.異常犯罪)

<シーズン1~13(放送中)>

シリアルキラーと呼ばれる異常犯罪者を捕まえるべく、FBIの行動分析課(BAU)が犯人をプロファイリングしながら捜査していくドラマです。

異常犯罪をうたうだけあって、犯人のヤバさはズバ抜けています。CSI:もだいぶイカれているやつがいますが、やっぱり総合的にはクリマイの方が怖いかな…。たまに夢に出るんじゃないかってくらい気持ち悪くて、恐る恐る指の隙間から見ている時もあります笑

そんな気持ち悪い異常犯罪ドラマをなぜ見続けられるのかというと、心理分析のプロ達による犯人プロファイルのスピード感、天才ハッカーのペネロペ・ガルシアとBAU随一の肉体派デレク・モーガンのじゃれ合いやドクター・リードの天才っぷりなど、見どころがたくさんあるからですね。

個人的イチ押しである広報担当から捜査官となったジェニファー・ジャロウ(JJ)は、私のなりたい顔ランキングベスト3に入るほど、理想の可愛さです笑

6.コールドケース 迷宮事件簿

<シーズン1~7(完)>

フィラデルフィアを舞台に未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を解決していくドラマです。こちらのドラマ制作にもジェリー・ブラッカイマーが関わっています。

基本的には、過去の事件→現代に戻り再捜査のきっかけ発生→再捜査→事件解決し、証拠品をClosedというお決まりのパターン。しかし、いろんな年代の凝った回想シーンが描かれているので、過去の時代背景も知ることができ面白かったです。

このドラマで女性や黒人、LGBTなど様々な差別問題に触れてきたので、他人に土足で踏み込む偏見が引き起こす虚しさを学ぶとともに、自由さが認められるようになっていった時代の流れに感謝を覚えます。多分、アーミッシュ(自給自足の生活を送るドイツ系移民の宗教集団)の存在とかこのドラマがなかったら知らないままだったと思います。

殺されてしまうのは自分らしく生きようとしたまっすぐな人であることが多く、打たれる釘となってしまう過去の歴史について、本当に色々考えさせられました。

 

主人公の女刑事リリー・ラッシュの儚さを感じる美しさと、事件発生当時のヒット曲が使われる演出が好きで、大好きなバンド・Nickelbackに出会ったのもこのドラマのお陰でした。

E.S.ポスチュマスの「Nara」によるオープニングタイトルも印象的でかっこよかったなぁ。


Cold Case - Theme Song

日本でも吉田洋主演でリメイクされていますね。上戸彩主演の絶対零度もこのドラマに影響を受けて作られたのではないかと勝手に思っています。

ちなみにコールドケースは様々なヒット曲が使われていることから、著作権のしがらみ関係で今もDVD・Blu-ray化はされていません。

7.キャッスル ミステリー作家のNY事件簿

<シーズン1~8(完)>

人気ミステリー作家のリック・キャッスルと警察官のケイト・ベケットがタッグを組んで事件を解決していくABCの人気ドラマです。

なぜ作家と刑事がコンビを?それはキャッスルの書く小説の模倣殺人事件が発生したことから事情聴取を受けたキャッスルが、実際の捜査に刺激を受け、捜査協力を申し出て…という形で始まります。お調子者でめんどくさいキャッスルだけど、ベストセラーのミステリー作家なだけあって博識で頭の回転が早いキレ者。うざいけど、憎めないんです笑

少年のような自由奔放でお調子者のキャッスル、それに輪をかけたような奔放っぷりの母・マーサ、キャッスルが溺愛する才色兼備の娘・アレクシスといったキャッスル一家と、女性敏腕刑事ベケットエスポジート、ライアン、検死官ラニらNY市警の愉快な仲間たちとのやり取りが痛快コミカルで面白いです。

8.ホワイトカラー

<シーズン1~6(完)>

イケメン天才詐欺師のニール・キャフリーが犯罪コンサルタントとして、FBI捜査官のピーター・バークと知的犯罪を捜査していく物語。

ニールは頭脳明晰で造詣が深く、証券偽造や美術品の模倣はお手の物。洗練された身のこなしと見た目で相手を思う通りに動かしてしまう完璧すぎる天才詐欺師。キャッチミーイフユーキャンのレオナルド・ディカプリオを参考にしたというのも納得です。

一方のピーターは愚直で型どおりの模範的FBI捜査官、妻のエリザベスとはいつもラブラブの愛妻家という正反対っぷり。

本来なら相いれないであろう2人がお互いを認め徐々に尊敬しあうようになり、信頼を深めていく姿と、しかしながら陰で相棒モジーと共にこそこそ動いているニール元来の犯罪者気質の危うさにハラハラドキドキしながら惹き込まれていきます。

親友であり、親子でもあるような2人の魅力が詰まったおすすめドラマです。

9.リゾーリ&アイルズ

<シーズン1~7(完)>

ボストン市警唯一の女性刑事、タフで男勝りなジェーン・リゾーリと、才色兼備だが天然KYで変わり者の主任検死官モーラ・アイルズの女性コンビで事件を解決していくドラマ。

パワフルママと放浪パパ、やんちゃな弟2人のリゾーリ家と、ジェーンの第2の父のような存在である同僚刑事コーサックとのアットホーム感に癒されます。

おしゃれなアイルズ先生のファッションも注目ポイントですね。

途中ジェーンの相棒・バリー役だったリー・トンプソン・ヤングの自殺により、シーズンが相棒の訃報から始まった衝撃はいまだに忘れられません。

10.SHERLOCK(シャーロック)

<シーズン1~4(完)>

こちらはイギリスBBCが制作した、コナン・ドイルシャーロック・ホームズの舞台を21世紀のイギリスに置き換えた、現代版シャーロック・ホームズです。

シャーロックはコンサルタント探偵として、スマホやタクシーを駆使して事件を解決、ドクターワトソンは事件の顛末をブログ記事として更新w「緋色の研究」が「ピンク色の研究」として現代アレンジされるという発想が斬新でした。シーズン1は面白すぎて、ドラマにしては珍しく何度も繰り返し見ていました。

主人公のホームズ役であるベネディクト・カンバーバッチは、このSHERLOCKで一躍有名になりましたね。

11.NCIS~ネイビー犯罪捜査班~

<シーズン1~17(放送中)>

ワシントンD.C.を舞台とし、アメリカ海軍や海兵隊関連の事件を捜査する海軍犯罪捜査局(通称NCIS)を描いた、今も放送が続くCBSの長寿ヒットドラマ。

本物のNCISが制作に協力しており、主任ギブスを演じるマーク・ハーモンの演技はNCISロサンゼルス支局の審査官も本物と信じて疑わなかったほどだったとか。

最初はギブスの怖さやアビーのゴスロリ感に敬遠していたのですが、あまりに薦められたので見てみたら見事にハマりましたw今ではギブスの厳しさの中にある優しさと包容力や、知性と愛に溢れるアビーが大好きです。

先ほど紹介した「リゾーリ&アイルズ」のアイルズ先生も、ケイト捜査官の役で出てきますよ。

Dlifeが終了してしまい、この先どうしようかと思っていましたが、Amazonプライムビデオに加入したので、現在も続きを毎日見ながら楽しんでいます♪

12.NCIS:LA~極秘潜入捜査班

<シーズン1~10(放送中)>

NCISのスピンオフ作品として登場したNCIS:LA。 

OSP(Office of Special Project)特別捜査官現場対応チームの潜入捜査のプロたちが、LAを舞台にアメリカ海軍に関わる事件を解決していきます。

こちらもまた本家とは毛色が全然違って、ド派手なアクション系。どちらかというとCSI:マイアミに近いものを感じます。

クリス・オドネル演じる主任G・カレン、ヒップホップアーティストとしても有名なLL・クール・J演じるサム・ハンナらがカッコイイんですよね。

OSPのトップである管理部長を務めるヘティの底知れぬミステリアスな最強キャラっぷりが、また良い味出していますね。

てかセントオブウーマンで、アル・パチーノと共演していた青年がカレン役のクリス・オドネルだったと今初めて知ってびっくりしました笑

番外編:紹介した海外ドラマを見られるサービスを調べてみた 

わかる範囲でVOD(ビデオオンデマンド/動画配信サイト)やテレビの有料チャンネルを調べてみました。あくまでオマケの番外編程度です。

WOWOW(ワウワウ)

私はWOWOW会員になって10年以上経っていて、これまで「CSI:」「リゾーリ&アイルズ」「コールドケース」など様々なドラマでお世話になってきました。しかし、今はどれも放送が終了してしまい、現在私がWOWOWで見ている海外ドラマは「クリミナル・マインド」くらいになっています。

2契約目は安くなり、実家と連携しての契約が可能なので、今は主に大好きなラルクアンシエルのライブや映画を観るために契約を続けています。あとは今はコロナの影響でお休み状態ですが、たまにリーガ・エスパニョーラやテニスも見ています。

正直なところ、昔ほどの魅力は感じなくなってきています。

視聴可タイトル

最新作の「クリミナル・マインド」

スカパー

昔、先輩の家でよくお世話になっていました。どちらかというと海外サッカーで笑

スカパーはFOXやAXNなどの海外ドラマチャンネルに加え、フジやTBSのCS番組やWOWOW、J SPORTからスペシャ・MTVなど幅広いチャンネルに対応しているのが魅力ですよね。

私の家では、こんなにチャンネルいっぱいあっても見られないねとなって、WOWOWのみの契約をしていましたが、スカパー加入している先輩を羨ましく思ったりしたものです。

視聴可タイトル

CSI:サイバー」「NCIS~ネイビー犯罪捜査班~」「NCIS:LA」 「コールドケース」「リゾーリ&アイルズ」

Hulu(フールー)

Huluは友人が愛用していて、たまに一緒に見させてもらっています。「あなたの番です」や「3年A組」といった人気ドラマの番外編など、独自コンテンツが魅力的ですよね。

視聴可タイトル

「NCIS:LA」「ホワイトカラー」「クリミナル・マインド」「キャッスル」

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXTは今回の外出自粛を機に、1か月無料トライアルをしてみました。

アナ雪2がもう見れることや、コミックも取り扱っていることを知らなかったので驚きました。無料トライアルで600ポイントもらえたので、キングダムを読んでいます笑

視聴可タイトル

「クリミナル・マインド1~13」「NCIS~ネイビー犯罪捜査班~1~16」「NCIS:LA1~9」「コールドケース1~7」「リゾーリ&アイルズ1~FINAL SEASON」

Amazonプライムビデオ

Dlifeなき今、私の本命動画サイトとしてAmazonプライムビデオに登録しました。

実は、Amazonプライム特典としてついてくる画像保存クラウドサービス「Amazonフォト」がどんな画質でも画像なら無制限に保存可能と今まで知らなくて、それが決め手となりました。(Googleフォトも無制限ではありますが、画質が落ちてしまうのがネックでした)

無制限の画像クラウドに動画、本、音楽、即配がついてきて月500円以下(年会費だと月408円!)と考えたら、私にとってはお得すぎでした。もっと早くに始めればよかった…!!

視聴可タイトル

CSI:科学捜査班1~15」「クリミナル・マインド1~12」「NCIS~ネイビー犯罪捜査班~1~16」「NCIS:LA1~10」「コールドケース1~7」

レンタル可

「キャッスル1~8」「ホワイトカラー1~6」「SHERLOCK1~4」

 

以上、オススメの「犯罪捜査」海外ドラマ12選でした。これらはどれも最終回まで見たか、もしくは今もなお見続けているものばかりです。「犯罪」という重くて暗いテーマながらも、どこか温かさやユーモアを感じる私の大好きな作品たちです。

次何見ようかな?と思った時の参考にしていただければ幸いです。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ