私の好きな場所

人生を楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

記事内のリンクには広告が含まれています。このブログでは「私の好きな場所」を求める私しえるの体験談を基に更新中。

想像以上のきらびやかさ!荘厳な蒔絵や螺鈿細工の美しさに目を奪われてしまいました:中尊寺金色堂(岩手県平泉町)


ブログランキング・にほんブログ村へ

IMG_9423

中尊寺金色堂

住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
TEL:0191-46-2211
参拝時間:8:30~ 駐車場:あり
アクセス:JR東北本線 平泉駅から車で約5分

※2021年11月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.chusonji.or.jp

想像以上のきらびやかさ!荘厳な蒔絵や螺鈿細工の美しさに目を奪われてしまいました

中尊寺金色堂は岩手の王道観光地ですが、噂に違わぬ素晴らしい名所でした。

入り口

IMG_9400

金色堂の入り口です。

この先は有料エリアとなっており、拝観する順路が決まっています。

讃衡蔵(さんこうぞう)で拝観券購入

50600359431_9538d10a36_o

拝観券は左隣にある宝物館の讃衡蔵(さんこうぞう)で購入します。

50600467207_ab9c2aa06e_o

この拝観券で金色堂と讃衡蔵に入れます。

宮沢賢治の詩碑

IMG_9402

参道脇には地元の文豪である宮沢賢治の詩碑があるようでしたが、スルーしちゃいました。

50599605048_52ac054a67_o

参道を歩いていきます。

金色堂

IMG_9407

続いて国宝・金色堂の入る建物(新覆堂/しんおおいどう)です。

IMG_9411

IMG_9414

この建物の中に、中尊寺内で創建当初の姿のままの唯一の建造物であり、日本での国宝建造物第1号となる金色堂が入っています。

50600462257_0c1ff629b9_o

50600345536_01302b2b13_o

メインとなる堂内は撮影・録画・飲食禁止となっていました。

中に入ると現れる金色堂は、想像以上のきらびやかさで圧倒されます。

「皆金色(かいこんじき)」と呼ばれる阿弥陀堂全体には金箔が押され、柱や手すりのひとつひとつに蒔絵(岩手は漆の産地)や螺鈿細工が施されており、夜光貝だけでなく象牙や宝石まで使われているのだそうです。

そして中には阿弥陀由来を中心に10体以上の精巧な仏像がずらりと並んでいます。

これだけ贅を尽くしていてもいやらしさは感じず、ただただ荘厳な絶景っぷりに「あぁ、これはすごい…美しいわ…」とたっぷり魅入ってしまいました。

IMG_9423

ちなみに金色堂御朱印は、新覆堂の中でいただくことができます。

写真は持参した御朱印帳に書いていただいたものになりますが、金色堂御朱印帳を購入すると、見開きの御朱印をいただけるそうですよ。

50600343001_86dd06149a_o

金色堂を出るとすぐにまた授与所があります。

50600457237_c79993dc9f_o

外も紅葉が美しくて、うっとりしちゃいます。

50600339826_d6ed5a5c54_o

IMG_9412

奥に見える経蔵へ向かいます。

経蔵(きょうぞう)

IMG_9433

文殊菩薩像が安置された経蔵は、創建時の古材を用いて再建されたものなのだそうです。

50600341216_019389b5ec_o

IMG_9437

関山天満宮(かんざんてんまんぐう)

IMG_9447

天神様と観世音菩薩が祀られている関山天満宮

「衣の関」って何かな?と思ったら、中尊寺の住所が「衣関(きぬとめ)」って言うんですね。

平安時代に衣川村に建てられた関所とのことで、平安を祈願して鎮守府の弓矢を納めていたのだそうです。

IMG_9449

中尊寺はどこを眺めても心地がいいですね。

松尾芭蕉像&奥の細道の句碑

IMG_9450

中尊寺内や平泉にはあちこちに松尾芭蕉の句碑があるようです。

hiraizumi.or.jp

IMG_9453

金色堂覆堂(こんじきどうおおいどう)

50600452947_641aea6cfe_o

先程、金色堂が入る建物を「新覆堂」と書きましたが、「覆堂/おおいどう」(またの名を「鞘堂/さやどう」)というのは、貴重な史跡などを保護する建物を意味します。

IMG_9458

現在、金色堂を保護する新覆堂は1963年に建てられたものであり、元々はこちらの覆堂が金色堂を風雪から守っていました。

50600333851_ecb13290ca_o

最初は簡素な屋根で覆うだけだったものに、増改築が重ねられてこの形になったのだそうです。

IMG_9468

IMG_9471

50599587673_778a654e02_o

大長寿院

IMG_9477

月見坂(参道)方面へ戻る最後の経路となります。

IMG_9479

門がかっこいいなぁ。

IMG_9486

昔は15mも高さのある大きな本堂で、中には約9mの金色の阿弥陀像と約4.8mと阿弥陀像9体が並ぶ壮観なものだったようですが、それらは焼失してしまい、現在の本堂は1863年に再建されたものなのだそうです。

余談:そば処義家

IMG_9579

月見坂(参道)沿いのそば屋さんの中には先程見た金色堂の写真が飾られているので、美しさを思い出して余韻に浸りながら平泉流のわんこそばをいただくこともできますよ。

おそばもおいしいのでオススメです。

ciel-myworld.hatenablog.com

地図

近隣情報

ciel-myworld.hatenablog.com


ブログランキング・にほんブログ村へ