私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

泡立て機能付きハンドブレンダー7種をスペック比較してみた【購入検討中】(2020年11月更新)


ブログランキング・にほんブログ村へ

ハンドブレンダーの購入を検討しています。しえるです。

 

ハンドブレンダー1つで「刻む」「つぶす」「混ぜる」など複数の機能が使えるので、スムージーやホイップ、みじん切りも網羅。鍋の中に入れて直接使えるなど、少量のちょっとした調理でお手軽に使えるのが魅力ですね。

 

「ミキサー類やフードプロセッサーを持っていない」 

「手動の泡立て器でホイップはしんどいからやりたくない」「調理時間を短縮したい」

「本格的なお菓子作りは多分しない」「でも簡単なものはしたい笑」

「キッチンが狭い」「収納スペースとりたくない」

以上の点から、ミキサーでも電動ハンドミキサーでもなく、ハンドブレンダーの購入がピッタリかなと判断しました。

 

機種によって使える機能が違ってきますので、今回は泡立てられるものに絞ってピックアップしてスペックを比較してみます。

泡立て機能付きハンドブレンダー7種 スペック比較 

 <ピックアップ基準>

  • 泡立て器はマスト
  • ブレード刃はステンレス製
  • 安い(価格が15,000円未満)
  • メーカー保証1年付き(本体)

 

10,000円未満 

楽天市場で送料込みの価格を参考にしています(2020年4月現在)

※スペックは販売ページやメーカー公式に記載された情報、一部口コミをもとにしています。

ブルーノ(BRUNO)マルチスティックブレンダー BOE034

機能:「刻む」「砕く」「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」

〇連続使用時間:3分

・ブレンダーサイズ:約幅63mm×奥行68mm×高さ365mm 約570g

〇コードの長さ:1.5m

・消費電力:200W

・スピード調節:ダイヤル回転式 

〇ブレンダー「つぶす」「混ぜる」:約15,500回/分 カップ500ml 飛び散り防止設計

・チョッパー「刻む」「砕く」:約2,800回/分 みじん切り/約5秒 ボトル300ml

・ホイッパー「泡立てる」:約1,200回/分 ホイップクリーム/約30秒

・アタッチメント:マークに合わせて本体にセット

・洗いやすさ:カップで洗浄 手入れブラシ付き チョッパーブレード取り外し可

・収納:チョッパー後そのまま冷蔵庫に保管可

・カラー:5色/レッド(店舗限定)、シルバー(数量限定)、アイボリー、ピンク、グリーン

・調理例:ミンチ肉、タルタルソース、アボカドディップ、かぼちゃスープ、スムージー、マヨネーズ、ドレッシング、生クリーム、メレンゲ、お菓子作り、かき氷、フローズンシェイク、離乳食など

・発売日:2017年10月10日

オシャレ雑貨で有名なブルーノ製品はやっぱりデザイン性が魅力ですね。他との違いとしては氷を砕ける点が目立つかと思います。

口コミを見ていると、たまに「壊れた」「焦げ臭い」などの声があったのですが、おそらく連続使用時間の3分を超えて使っていたのではないかと推測できそうです。3分を超えると本体が熱くなってくるようなので気をつけたいですね。

アイリスオーヤマ ハンドブレンダー HBL-200 

・機能 :「刻む」「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」

〇連続使用時間:ブレンダー・チョッパー/2分 泡立て器/3分

・ブレンダーサイズ:約幅54mm×奥行68mm×高さ400mm 約800g

〇コードの長さ:1.5m

・消費電力:200W

・スピード調節:調節レバーで切り替え 動作中でも調節可

・ブレンダー「つぶす」「混ぜる」:スムージー/約30秒 カップ500ml

・チョッパー「刻む」:たまねぎみじん切り/約10秒 ボトル500ml

・ホイッパー「泡立てる」:ホイップクリーム/約2.5分

・アタッチメント:ボタン式で少し力がいるらしい

・洗いやすさ:チョッパーの刃取り外し可

〇収納:専用収納スタンドに全パーツまとめて収納できる、チョッパー後そのまま冷蔵庫に保管可

・カラー:4色/ホワイト、アイボリー、グリーン、ピンク

・調理例:挽き肉、パン粉、タルタルソース、スムージー、ジュース、コーンスープ、ホイップクリームメレンゲ、離乳食など

・発売時期:2013年4月?

アイリスオーヤマはやはり圧倒的に価格が安いというコスパ性の高さが魅力ですね。

口コミには片手で持てるとありましたが、重さが少し気になります。

収納スタンドにまとめられるのは良いのですが、幅289mm×奥行145㎜×高さ380㎜は結構場所を取りますね。あとはトーテムポールみたいなこの収納姿で置くというのが美観的にどうなのか…ちょっと雑然とした印象を受けます。 

ビタントニオ ハンドブレンダー VHB-1

・機能:「刻む」「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」

・連続使用時間:2分

ブレンダーサイズ:約幅54mm×奥行68mm×高さ400mm 約800g

〇コードの長さ:1.5m

・消費電力:200W

・スピード調節:多分できない(取説で確認)

・ブレンダー「つぶす」「混ぜる」:13,500回転/分 カップ700ml カバー付き

・チョッパー「刻む」:1,930回転/分 にんじんみじん切り/約10秒 容器500ml

・ウィスク「泡立てる」:1,050回転/分 ホイップクリーム/約2.5分 卵・生クリーム専用

アタッチメント:カチッと差し込む 取り外しボタン 

・洗いやすさ:本体以外すべて取り外して水洗い可 カップで水洗い

収納:チョッパー後そのまま冷蔵庫に保管可 まとめられる収納スタンド付き

・カラー:1色/ホワイト×シルバー

・調理例:肉や魚のミンチ、かぼちゃスープ、ジュース、スムージー、ドレッシング、ホイップクリームメレンゲ、離乳食など

・その他特徴:誤動作防止の同時押しスタート

・発売日:2014年1月27日

ビタントニオは以前ミキサーでお世話になっていました。

こちらもアイリスオーヤマHBL-200同様、まとめて収納スタンド(幅192mm×奥行250㎜×高さ254㎜)にしまうことができます。こちらのVHB-1の方が、整然と収納できそうと感じます。

「スイッチを押し続けないと動作できない」「カップがプラスチックで心もとない」「保証が本体のみだがシャフトが壊れた」といった口コミが気になりました。

ビタントニオ ハンドブレンダー VHB-20

・機能:「刻む」「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」

△連続使用時間:1分

ブレンダーサイズ:約幅60mm×奥行60mm×高さ395mm 約470g(最軽)

〇コードの長さ:1.7m

消費電力:150W

・スピード調節:ダイヤル方式 8段階

△ブレンダー「つぶす」「混ぜる」:11,800回転/分 スムージー/約30秒 カップ500ml カバー付き

・チョッパー「刻む」:1,930回転/分 みじん切り/約5秒 容器500ml

・ウィスク「泡立てる」:1,050回転/分 ホイップクリーム/約10秒 卵・生クリーム専用

・アタッチメント:かさばらずに収納できる先端交換タイプ 交換は取り外し工具が必要

・洗いやすさ:カップで洗浄 取り外しで隅々まで洗える

〇収納:本体は壁掛け収納可、アタッチメント・工具は専用ケース付き

・カラー:2色/ホワイト、レッド

・調理例:ポタージュスープ、ディップソース、コールスローサラダ、スムージー、ドレッシング、ミンチ肉、大根おろし、パン粉、タルタルソース、フローズンデザート、ホイップ、メレンゲ、マヨネーズ、オムレツ、離乳食など

・発売時期:おそらく2019年4月

ビタントニオの新しい機種です。ウィスク(泡立て器)が進化して円盤状になっているのが気になります。ホイップ約10秒ってすごくないですか?面積が小さいから少量にも使えるみたいです。

リングが付いているので壁掛け収納できるとのことですが、コードをまとめるパーツはついてなさそうなので、宣材写真ほど綺麗には収納できないかもしれませんね。

アタッチメントの付け替え以外にも、ONを押しているときのみ稼働という安全性が面倒に感じるおそれがありますね。 

↓下記の記事が大変参考になりました。

ameblo.jp

※2020年6月3日更新


Vitantonio ハンドブレンダーVHB-20が本当に10秒でホイップできるか試してみた

実際に購入しました!ホイップの検証動画を作ってみたので、よろしければご覧ください。

※2020年6月3日更新

ciel-myworld.hatenablog.com

レビュー記事を書きましたので、よろしければ合わせてご覧ください。

10,000円以上~

クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-502

・機能:「刻む」「切る」「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」

〇連続使用時間:3分

・ブレンダーサイズ:約幅57mm×奥行57mm×高さ360mm 約560g

〇コードの長さ:1.5m

・消費電力:200W

・スピード調節:ダイヤル回転式

◎ブレンダー「つぶす」「混ぜる」:約16,000回/分 カップ800ml

◎チョッパー「刻む」「切る」:約3,750回/分

◎ビーター「泡立てる」:約1,550回/分 ホイップクリーム/約30秒(八分立て)

・アタッチメント:ボタンを押すだけ

・洗いやすさ:カップで洗浄

・収納:?

・カラー:2色/ブラック、ホワイト

・調理例:スムージー、ジュース、スープ、ドレッシング、ソース、ミンチ、ペースト、パン粉、生クリーム、メレンゲ、アイスクリーム、離乳食など

・発売日:2019年6月18日

アメリカで有名な調理器具ブランドのクイジナート。

泡立て器がハンドミキサーと同様の形をしているのが特長ですね。

口コミを見ていると普段お菓子作りをする方々に好評のようです。

「ビーターとコードを一緒に収納するのは不衛生」 との声が気になりました。

D&S ハンドブレンダー DS.7796

・機能:「刻む」「切る」「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」

△連続使用時間:ブレンダー・泡立て/1分 チョッパー/30秒

・ブレンダーサイズ:約幅66mm×奥行66mm×高さ402mm 約750g

・コードの長さ:1.2m

・消費電力:700W

・スピード調節:ノーマル(速度調整ダイヤルで12段階)・ターボ

・ブレンダー「つぶす」「混ぜる」:カップ600ml

・チョッパー「刻む」「切る」:チョッパーボウル500ml

・ホイップ「泡立てる」

・アタッチメント:カチッとロックするまで差し込む

・洗いやすさ:?

・収納:?

・カラー:1色/レッド

・調理例:ハンバーグ、ポタージュ、ソース、ジュース、ミンチ、ホイップ、メレンゲ、野菜のみじん切りなど

・発売日:?

日本洋食器株式会社という佐藤商事の子会社が作ったハンドブレンダー。

ちょっと聞きなれない名前ですね汗

北欧デンマークをモチーフとした「ケヴンハウンディースタイル」デザイン。

レビューや情報がちょっと少なかったです。

 

ブラウン マルチクイック7 ハンドブレンダー MQ735

・機能:「刻む」「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」

・連続使用時間:ブレンダー1分 泡立て器・チョッパー:2分

・ブレンダーサイズ:約幅70mm×奥行70mm×高さ400mm 約890g

△コードの長さ:1.2m

・消費電力:400W

〇スピード:握る力で調整 

・ブレンダー「つぶす」「混ぜる」:約13,600回/分 スムージー/約30秒 カップ600ml 飛び散り防止設計

〇チョッパー「刻む」「切る」:約3,275回/分

△泡立て器「泡立てる」:約1,040回/分 ホイップクリーム/約30秒

・アタッチメント:ワンタッチ交換

・洗いやすさ:ステンレス部分は取り外し可、一部食洗器対応

△収納:特になし

・カラー:2色/ブラック、ホワイト

・調理例:スムージー、ジュース、ホイップクリーム、卵の泡立て、ケーキミックスの混ぜ合わせ、オランデーズソース、離乳食など

・その他特長:BPAフリー(有害懸念物質が入っていない)

・発売時期:2014年2月中旬

シェーバーや電動歯ブラシで有名なブラウンが、モーター技術を活用して作ったハンドブレンダー。今回は同程度のスペック比較したいので、あえて最新機種ではないMQ735で比較しています。

マルチクイック7は5と9の間のパワーで、家庭で使うのにちょうど良さそうです。

MQ735以外の機種との主な機能の違いは下記の通りです。

MQ738
  • スパイスグラインダーという部品付きでコーヒーの豆挽きやふりかけも作れる
MQ775
  • 「せん切り」「スライス」ができる

口コミの中で、「チョッパーの耐久性に不安」「コードが短く硬い」という声を見かけたのが少し気になりました。

クイジナート コードレス充電式ハンドブレンダー RHB-100J

・機能:「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」

〇連続使用時間:3分

・ブレンダーサイズ:幅 55mm x 奥行60mm x 高さ415mm 約620g

・コードの長さ:1.8m

・電源:AC/DC アダプター 100-240V 50/60Hz

・充電/稼働時間(約):2時間充電(満充電)で12分稼働

・電池種類:リチウムイオン電池

・スピード調節:なし

・ブレンダー「つぶす」「混ぜる」:約13,500回/分

・チョッパー(別売り:11月下旬発売)「刻む」「切る」:約3,500回/分

・ウィスク「泡立てる」:約1,150回/分 ホイップクリーム/約1分30秒

・アタッチメント:差し込んで回して固定

・洗いやすさ:?

・収納:?

・カラー:1色/ダークグレイ

・調理例:スムージー、ジュース、スープ、ソース、生クリームホイップ、メレンゲなど(チョッパー購入で、みじん切り、ミンチ、魚のすり身、ナッツやハーブの粉砕)

・発売日:2020年11月上旬

2020年秋、私が大注目しているのがこのクイジナートのコードレス充電式。

実際にハンドブレンダーを使ってみて思ったのが、1番の面倒ポイントってコンセントだということ。

キッチンに使いやすいコンセントがないと、かなり使用ハードルが上がります。

1回フル充電すれば、3分×4回はパワーそのままで使用できるらしく、12分も使えれば1日何度か使用しても十分持ちますね。

難点はチョッパーが別売りな点と、スピード調節ができないことでしょうか。

 

 

本当は店頭で実物を見て購入したいのですが、コロナウイルスで難しそうなので通販で買っちゃおうかな。。。

ハンドブレンダーを買ったらまた記事にします!

参考記事

the360.life

使用感の参考にさせていただきました。

 

 

使用感を動画検索していたら、まさかのハイキングウォーキングが出てきた笑


【ハンドブレンダー】料理器具浦島太郎状態のおじさんがブレンダー買ってみた結果。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ