私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

230年の歴史を持つ老舗和菓子店の紫芋たっぷり川越いもシューを食べ歩き:龜屋本店(埼玉県川越市)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Untitled

龜屋本店

住所:埼玉県川越市仲町4-3

TEL:049-222-2052

営業時間:10:00~17:00 

アクセス:西武新宿線 本川越駅から徒歩約10分

※2020年12月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.koedo-kameya.com

230年の歴史を持つ老舗和菓子店の紫芋たっぷり川越いもシューを食べ歩き

1783年に創業し、230年以上の歴史を持つ老舗の和菓子店、龜屋。

駅ビルで手軽に買うこともできますが、小江戸川越の雰囲気を味わえ、お店の歴史も垣間見れちゃう本店がオススメです。

蔵造りの町並みにある本店

Untitled

本店は蔵造りの町並みに入ってすぐ、右手にあります。

Untitled

これぞ蔵造りの町並み!店構えがカッコイイですね。

Untitled

「適度な間合い・手洗い・消毒」とコロナ仕様な和うちわ。

Untitled

店内にはラインナップ豊富なお菓子がそろっています。

Untitled

Untitled

Untitled

可愛らしい生菓子もあります。

イチ押しは川越いもシュー

Untitled

私のイチ押しは、こちらの川越いもシュー。

川越は江戸時代に「川越イモ」というサツマイモ栽培が盛んだったことから、お芋にちなんだ商品が多く見られます。

(ちなみに昭和30年代までは一大産地でしたが、現在はあまり栽培されていないそうです。)

Untitled

川越いもシューは、中のクリームがさつま芋と紫芋の2種類展開されています。

Untitled

私はこちらの紫芋バージョンが大好きで川越に来るたび買っています。

Untitled

さつま芋の形をした生地の中には、甘すぎないなめらかクリームがたっぷり。

シュー皮・クリームどちらにも紫芋パウダーが入っており、ひと口目から押し寄せる紫芋に満たされます。

食べ歩きにぴったりサイズですが、冷蔵商品なので今の時期なら日中に食べるのがいいかもしれませんね。

Untitled

食品成分表示は上図のとおりです。

お菓子づくりの道具などが見れるギャラリーも見どころ

Untitled

お店の左手奥には「龜屋の歴史ギャラリー」が展開されています。

Untitled

焼き印をつける焼きごて。年季が入っていますね。

Untitled

お菓子の型をとる道具など。

最近ドラマ化もした『私たちはどうかしている』や『3月のライオン』にも出てきますが、お菓子の構想図ってワクワクしますね。

Untitled

明治・大正時代のパッケージデザインに歴史を感じます。

Untitled

Untitled

Untitled

元々はイートインがあったようですが、軽減税率を機にイートインをやめたようです。

(たしかに、たった2席のために税率2種対応は割りが合いませんね。)

地図

 


ブログランキング・にほんブログ村へ