私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

ゲーム配信でよく出てくる言葉はわからないものが多いので、ゲーム用語やスラングの要約メモ集を。


ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:ciel18m:20220226104403j:plain

ゲーム配信業界、時たま何言ってるかわからない。しえるです。

www.youtube.com

ゲーム配信を見ていると、ソフトやジャンルによって特有の言葉があったり、ネットスラングやギャンブル用語が出てきたり、「4=A」「5=S」「4ぬ=死ぬ」「56す=殺す」など独特な表記を見かけることは多いし、英語もふだん見慣れない言葉がたくさん出てきます。

ゲーム配信者やディープな視聴者は共通言語としてスムーズに話が進んで行きますが、慣れ親しんでいないと何言ってるかチンプンカンプンなので、今回はゲーム配信を見ていてよくわからなかった言葉を中心にまとめてみました。

配信の中では、プロゲーマーの海外遠征経験の豊富さに驚くことも多いのですが、ジャンル特有の言葉というだけでなく、オンラインで世界中とつながっているワールドワイドさも合わさって、よりゲーム用語は難解なものに感じます。

尚、全体的に要約しているので、細かいニュアンスまでは網羅できていないと思います。「なんとなくこういうものか」という参考程度に留めていただければ幸いです。また、英単語はなるべく元の意味も載せるようにしています。

目次を見ていただければ、「何言ってるかわからない」と思うのも納得していただけるのではないでしょうか。笑

たくさんあるので検索機能(Ctrl+F)もあわせてご活用ください。

ゲーム配信でよく出てくる言葉はわからないものが多いので、ゲーム用語やスラングの要約メモ集を。

アーマー

装備を指したり、装備や肉体の防御力の耐久値を指したりするよう。

RTA(アールティーエー)

Real Time Attack(リアルタイムアタック)。リアルタイムでゲームのスタートからクリアまでにかかった時間の速さを競う。
マリオのようなゲーム内に表示される時間で速さを競うのがタイムアタックなのに対し、実際にプレイにかかった現実時間で競うのでリアルタイムアタックと呼ばれる。

RTS(アールティーエス

Real-time Strategy(リアルタイムストラテジー)のこと。ターン制ではなくリアルタイムで時間が進行する中で、俯瞰で戦略を練りながら戦局を動かしていくシミュレーションゲーム

RP(アールピー)

role play(ロールプレイ)の略。キャラクターになりきって動くこと。設定に沿ったVtuberゆるキャラ、マダミスのように役が割り振られて演じるなど。ディズニーのキャストもRPですねw

IGL(アイジーエル)

in game leader(インゲームリーダー)の略。チームにおける司令塔。

アウトゲーム

対戦前の準備など、インゲームのために事前に備えることを指すそうです。

装備を調えたり、デッキを組んだり、ガチャしたりといった部分ですね。

アグロ

積極的に攻撃すること。

aggro:乱暴、ケンカ腰、ケンカ、面倒、争い。

アド

アドバンテージの略。有利な状況。

advantage:有利、好都合、利益、強み。

AVA(アヴァ)

韓国のオンラインFPSゲーム『Alliance of Valiant Arms(アライアンスオブヴァリアントアームズ)』。

安地(あんち)

安全地帯。シューティングゲームなどで敵の弾が当たらない位置のこと。

アンチピック

敵に対して有利なキャラクターを選ぶこと。カウンターピックとも。

ez(イーズィー)

easyの略で「楽勝」の意味。

一人称

主観的な視点で操作することを一人称と言う。

命が軽い

試合の回転が早いゲームやバトルロイヤルのように勝者だけが生き残るようなゲームなどは、ゲーム内で死ぬことも多く、自分が操作するキャラクターが生存するかどうかはあまり重視されなくなりがちです。マリオが落ちて死んでもあまり気にならないのと一緒w

芋・芋る(いもる)

一定の場所にいて動かないプレーヤーや潜伏戦術のこと。同じ場所に隠れ続けたり、攻撃されにくい位置で待ち伏せして狙撃したり。

VALORANTのランク帯「イモータル」を芋帯(いもたい)と書くことも。

イリミネイト

eliminate:排除する、除去する、予選でふるい落とす、排出する。

インキュー

ランクマッチなどのマッチメイキング待機状態。in queue、inQと書かれることも。

queue:列。
in a queue:並んでいる。

インゲーム

ゲーム内で実際の試合・対戦などメインのプレイ部分のことを指すそうです。

インタラク

ゲームで物に触れるときによく出てくる表現。ドアを開けたり、物を拾ったり捨てたり。

interact:相互に作用する、影響する、ふれあう、交流する。

インファイト

元々はボクシング用語で、接近して戦うこと。

インベード(インベイド)

ゲーム開始早々、奇襲をかけること。

invade:侵略する、襲う、押し寄せる。

インベスティゲーター

investigator:調査者、研究者、捜査員。

インベントリ

主に所持品画面のこと。

inventory:財産目録、在庫。

インポスター

『Among Us』の人狼役。

imposter:詐欺師。

ウォッチパーティ

サブスク配信されている映画や番組などをチャットしながら一緒に視聴する機能。

HuluやAmazonプライムビデオ、Twitchなどで利用できる。

裏取り

裏手に回って背後を取ること。

ウルト

必殺技ポジションの強力な固有スキル。

Apexのアルティメットアビリティから「ultimate」の頭3文字をとってULT(ウルト)と呼ばれるようになったのだとか。

うんこちゃん

人気ゲーム実況者の加藤純一さん。

2022年3月に開かれた自身の結婚披露宴配信では、YouTubeが46万人超、Twitchで11万人超が同時接続、YouTubeでのスパチャは2億円を超えた。

エアプ

エアプレイ。未経験なのに経験者っぽく振る舞うこと。経験に基づかない又聞きの情報などで知ったかぶること。

エイム

FPSやTPSなどのシューティングゲームで敵に照準を合わせること。

aim:狙いをつける。

Aim Lab(エイムラボ)

無料のエイム練習ゲーム。

store.steampowered.com

AFK(エーエフケイ)

Away from Keyboardの略で、離席中を表す。

AoE(エーオーイー)

Area of Effectの略。範囲効果や範囲攻撃のこと。複数人に対して一気に効果を与える。

歴史上の文明をモチーフにしたRTSゲーム『Age of Empiresエイジオブエンパイア)』の場合も。

ACS(エーシーエス

Average Combat Score(アベレージコンバットスコア)の略。試合ごとの平均ダメージ。

エース

チーム戦において1人で敵を全滅させること。

エコ

ラウンドごとにお金で武器を買うゲームで、なるべく武器を買わずにお金を節約すること。できるだけ購入を抑えて戦うラウンドは、エコラウンドと呼ばれる。

エターナルバイ

ラウンドごとにお金で武器を買うシステムのあるFPSで、お金がなくても買い続けること。

NiP(ニップ)

スウェーデンに本社を持つNinjas in Pyjamas(ニンジャズインパジャマズ)というeスポーツチーム。

ff(エフエフ)

FFといえばスクウェア・エニックスRPGであるFINAL FANTASYファイナルファンタジー)の印象が強いが、League of Legends内では降参の意味。
/ffというコマンドで降参ができ、「権利や試合を放棄する」「降参する」「投了する」といった意味を持つforfeitから来ているのだそう。

また、friendly fire(フレンドリーファイア)の略で味方を間違って攻撃してしまう、または悪意あるプレーヤーがわざと味方を攻撃することという使われ方もあります。

FPS(エフピーエス

主人公の視点(一人称・主観)で行われるシューティングゲームFirst-person shooterの略。

エペ

2019年に配信開始以来大人気のバトルロイヤル形式FPS『Apex Legends(エイペックスレジェンズ)』のこと。

2022年2月現在、来週からモバイル版が10か国で展開開始するが、日本はこの中に含まれていません。

japanese.engadget.com

MMORPG(エムエムオーアールピージー

massively multiplayer online roleplaying game(マッシブリーマルチプレーヤーオンラインロールプレイングゲーム)。数百人とか数千人という大規模多人数のプレーヤーが同時参加するオンラインRPG

MOBA(エムオービーエー)

multiplayer online battle arena(マルチプレーヤーオンラインバトルアリーナ)。複数プレーヤーが2つのチームに分かれ、味方と協力しながら敵チームに攻めていく形のオンラインゲームのこと。

MPK(エムピーケー)

monster player killの略。モンスターやNPCなどプレイヤー以外の存在を利用して、他のプレーヤーにダメージを与えること。

エモート

自分のキャラクターを踊らせたり、ポーズを取らせたりするアクションのこと。

衛門

加藤純一のファンの総称、信者衛門のこと。

コメント欄が「やあ」であふれていたとしたら、それはおそらく衛門が押し寄せていることでしょう。

LJL(エルジェーエル)

LoLの国内プロリーグ。League of Legends Japan League。

L4D(エルフォーディー)

Left 4 Dead(レフトフォーデッド)』という2008年発売の対ゾンビFPS

L4D2を4人でやる Jasper7se スタンミ sasa Part1[Left 4 Dead 2] - YouTube

エンドコンテンツ

最大レベルに達したあとでも繰り返し楽しめるゲームのコンテンツ。自キャラのレベリングではなく、レアアイテムだったり、高難易度だったりといった追求要素に主眼が置かれる。

OT(オーティー

over time(オーバータイム)の略。延長戦。

OW(オーバーウォッチ

Overwatchオーバーウォッチ)』というチーム対戦型のアクションシューティングゲーム

OP(オーピー)

over poweredの略で、強すぎるという意味。

OBS(オービーエス

OBS Studioというストリーミング配信サイト。

オープンレック

OPENREC.tvというサイバーエージェントの子会社が運営するゲーム配信プラットフォーム。オプレクやオプレ、プンレクなどと略されているのを見かけます。

OPENREC.tv (オープンレック)
OPENREC.tv (オープンレック)
開発元:CyberZ, Inc.
無料
posted withアプリーチ

オープンワールド

フィールド上を自由に歩き回れるシステムのこと。移動ごとにマップを切り替えたり、データロードのために待機したりすることがなく、ゲームの世界がよりリアルに感じられます。

オーラス

最終局面。all+lastから来る麻雀用語。

乙(おつ)

お疲れ様。

モンハンでは力尽きることを「乙る」と言い、「1乙」で1回力尽きたという意味になります。

おねロリ

お願いローリングの略。適当に回避すること。避けれたらいいな!的な。

オファリング

offering:贈り物、提供物。

親フラ

親フラグの略で、親が来そうな気配がするということ。親が来るから隠さなきゃ!という状況のやつですね。

ガー不(がーふ)

ガード不能の略。ガードができないこと。不可避。

カイト

League of Legendsで、凧のように距離を取りながら攻撃すること。引き撃ち、カイティングとも。

確キル

確定キルの略。蘇生できない状態にして確実に倒したということ。

カスタム

自分で自由に設定して遊ぶカスタムマッチを略して言うことが多い。全員身内のプライベートマッチや大会の開催、練習などによく使われる。

学級会

大論争に発展すること。

kappa(カッパ)

嘘、冗談、皮肉、煽りの意味をもつTwitchのスラング。もしくはタルコフの「Kappaコンテナ」という入手が大変なアイテムのこと。

角待ち(かどまち)

曲がり角などの死角からの奇襲。

神視点

三者視点、三人称のこと。試合を観戦するときにも使われているようです。

ガンク

奇襲。

gank:盗む。

カンスト

カウンターストップの略。アイテムの所持数やステータスなどの上限までいくこと。

キーマウ

キーボードとマウス。

技研

ライブ配信のデータベースツール「GikenAccess」や野外配信協力などをしている配信技研のこと。圧村でもおなじみの大川孝行さんがCOOを務める。

一時的なSHAKAさんの配信拠点ともなっていた。

www.giken.tv

キック

特定のプレイヤーをチームやパーティなどから追放すること。迷惑行為する人をブロック的な感じ。

キャリー

勝負を決するプレイで味方チームを勝利に導くこと。初心者のミスをカバーしたり、劣勢を覆したりといった活躍を指しています。

漁夫

漁夫の利(両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ)の略。敵チーム同士がやりあって弱ったところを狙う戦法など。

「漁夫る」と動詞のように使われることもあり、逆に自分が狙われる側になることを「漁夫られる」と言ったりもします。

キリングスプリー

League of Legendsで死なずに3キル重ねると流れる。

killing spree:連続殺人、殺しまくること。

キルストリーク

CoDシリーズで連続で敵をキルすることでもらえるボーナス。

キルポ

Apexで敵を倒したり、味方をアシストしたりするともらえるポイント。

キルライン

相手を1回の戦闘で倒し切れる範囲。

キルリーダー

その試合で1番キルしているプレーヤーのこと。

キルレシオ

空中戦における自軍と敵軍の撃墜比。

1戦の中で味方が5回倒されたのに対し、敵が10回倒していればキルレシオは1:2。

クールタイム

ゲーム内である行動をした時、再び同じ行動ができるようになるまでの待機時間やターン。

クオリファイド

qualified:資格のある、正規の、適任の、条件を満たした。

口プ(くちプ)

くちプレイの略。言葉で相手を翻弄しようとすること。

クラッチ

不利な状況を覆して勝利をつかむこと。

clutch:つかむ、握る。スラングとして「よくやった!」「気が利く」「ナイスタイミング」など褒める意味で使われるのだそう。

juken.oricon.co.jp

クラフト

アイテムを組み合わせて別のアイテムをつくりだすシステム。

クラン

共通目的のためにプレイヤー同士でつくられる集団。

clan:氏族、一族。

クリアリング

敵が隠れていそうな場所を確認したり、進んだ先に敵がいないことを確認したりなどで、エリアの安全確保をすること。海外ドラマでもよく部隊が踏み込んで「クリア!」と言ってますね。

グリッチ

ゲームのバグを意図的に利用する不正行為。大会では禁止事項となる。

glitch:欠陥、故障。

KRÜ(クル)

アルゼンチン拠点のeスポーツチーム、KRÜ Esports(クルイースポーツ)。

サッカー選手のセルヒオ・アグエロがオーナーを務める。

ks(ケーエス

kill steal(キルスティール)の略。最後に倒したプレイヤーにポイント類が入るゲームで、他プレイヤーたちの交戦中に割り込んでとどめを刺し、キルを横取りする行為。キルパク。

KDA(ケーディーエー)

Kill(キル)・Death(デス)・Assist(アシスト)の戦績。

キル=敵を殺した回数。

デス=自分が死んだ回数。

アシスト=キル直前にダメージを与えたり、味方を回復したり守ったりなど。

激ロー

体力(HP、ヘルス)が少ない状態のこと。

げまげま

スタンミさん、Jasper7seさん、らいじんさん、しゃるるさん、たぬき忍者さんら5人のストリーマーコミュニティ。

ゴースティング

リアルタイムで実況している対戦相手の配信を見ながらプレイすること。もちろん不正行為でBAN対象。

コーチ

プレイヤーとしては参加しない参謀的なポジション。戦略を練ったり、全体を見て指示を出したりすることでチームをサポート。

CCFOLIA(ココフォリア)

TRPGを遊ぶためのサポートツール。盤面上で動かすキャラクターの駒をつくったり、チャット機能やBGM設定などができる。配信やオンライン対戦で便利そう。

ccfolia.com

個チャ

個人チャット。1対1でのやりとり。

CoD(コッド・シーオーディー)

戦争をテーマにしたFPSゲームCall of Dutyコールオブデューティ)』。2003年の発売で大ヒットして以降、シリーズ化している。

コリジョン

当たり判定のこと。

collision:衝突。

コロンビア

テレビのクイズ番組『パネルクイズ アタック25』で解答者が見せたガッツポーズ。「コロンビア」と答えて優勝した瞬間のドヤ顔が広まる。

dic.pixiv.net

XERXIA(サーシャ)

タイのeスポーツチーム、XERXIA Esports(サーシャイースポーツ)。

サ終(さしゅう)

サービス終了の略。サービスの提供が終了し、使えなくなること。

サレンダー

降参。ゲームを降りること。

surrender:降伏。降参、明け渡す、譲り渡す、放棄する、抗わずに身を任せる、身をゆだねる。

SunSister(サンシスター)

2010年設立のプロゲーミングチーム。

sunsister.jp

CS:GO(シーエスジーオー)

Counter-Strike: Global Offensive(カウンターストライク:グローバルオフェンシブ)』という対テロ特殊部隊とテロリストの戦いをテーマにした対戦型FPSゲーム

GMジーエム)

game master(ゲームマスター)の略。ゲームの司会進行役。

CO(シーオー)

カミングアウト。人狼ゲームで自分の役職を明かすこと。

gg(ジージー

Good Gameの略で「良い試合だった」「お疲れ」「負け確」などを意味するそうです。

ジャイロ

角度や角速度(回転運動の速度)を検出するセンサーで、Nintendo Switchのコントローラーにも搭載されています。ゲーム内では、コントローラー自体の動きで操作することを「ジャイロ」と呼ぶことが多いです。

ジャンパ

Apex Legendsのキャラクター・オクタンのアルティメットアビリティ、ジャンプパッドのこと。乗ると空中に高く飛び上がる。

初狩り(しょがり)

初見殺し。初めてのプレーで引っかかりやすいこと。

SCARZ(スカーズ)

2012年に設立した日本のプロゲーミングチーム。略称はSZ。

www.scarz.net

スクリム

練習試合のこと。

scrimmage:取っ組み合いのケンカ、乱闘。

スタヌ

元プロゲーマーで人気ストリーマーのStylishNoob(スタイリッシュヌーブ)さんのこと。本名が関優太のため、関さんと呼ばれることも多いです。

Steam(スチーム)

PCゲームダウンロード販売などのプラットフォーム。

store.steampowered.com

ストラテジーゲーム

勝利のために戦略を練ることを楽しむゲーム。

ストリーマー

ライブ配信者、ゲーム実況主。

スナイプ

オンライン対戦では対戦相手がランダムでマッチングされるが、タイミングを合わせるなどで意図的にマッチングを調整しようとすること。有名配信者に迷惑行為をするためにスナイプが行われるなど、マナーの悪い行為となっている。

ゴースティングとも言われる。

スポーン

マップにプレイヤーや敵などが現われること。

spawn:魚介やカエルなど水生動物の卵、放卵。

thrifty(スリフティ)

VALORANTでは敵チームより消費クレジットの少ない状態での勝利のこと。

thrifty:倹約な、つましい。

ZETA DIVISION(ゼータディビジョン)

プロゲーミングチームを擁する日本のゲーミングライフスタイルブランド。

zetadivision.com

即ピ

即ピックの略で、キャラクター選択画面で即行選ぶこと。

全チャ

全体チャット。

全ツッパ

麻雀で他者がリーチの状態でも勝負をしかけること。転じてパチンコ・パチスロでお金や時間を限界まで打ち続けるという意味で使われるように。ギャンブル系を楽しむ方は「危険を顧みず、全力でぶっ込む」というニュアンスで自然と出てしまうようですね。

SoloQ(ソロキュー)

Solo Queue。個人でチーム戦のマッチングがされること。仲間と一緒に参加などができず、その場限りのチームで対戦する。

queue:列、順番待ち。

ダクソ

フロム・ソフトウェアアクションRPGDARK SOULS(ダークソウル)』シリーズ。

タコ負け

ボロ負け、惨敗、負け続きなどの意味。

だまでやる

黙ってやる。黙聴(ダマテン)という麻雀用語から来てるっぽい。

タルコフ

『Escape from Tarkov(エスケープフロムタルコフ)』というロシアのハードコアFPSゲームEFTとも略される。アイテムを集めながら戦闘フィールドから脱出するのが目的。マップなしで放り込まれるので右も左もわからない状態で始まったり、出血、骨折、空腹、脱水症状などリアリティのあるシステムになっている。

タンク

仲間の盾となって敵からのヘイトを集め、攻撃を一手に引き受けることで、味方を動きやすくするポジションのこと。大体は耐久力があったり、回避力が高かったりする。

チータ

チート行為を行う人。動物のチーターとは発音が違います。

チート

ゲームを不正に改造し、有利に進めようとすること。犯罪です。

cheat:だます、欺く、不正をする、いかさま、ごまかす、浮気。

チート行為はやめましょう! 警視庁

チームエース

チームメンバーが1キルずつしてラウンド勝利すること。チーム全員が活躍した証。

Team Liquid(チームリキッド)

オランダで設立されたeスポーツチーム。

ScreaM(スクリーム)とNivera(ニヴェラ)は実の兄弟。

スクウェア・エニックス社員のネモや元アミューズの竹内ジョンなど日本人が所属していたことも。

チャタリング

マウスのドラッグ&ドロップが上手くいかなかったり、クリックが意図しないダブルクリックになってしまったりといった不具合。

Twitch(ツイッチ)

Amazon提供のゲーム特化ライブストリーミング配信プラットフォーム。

Twitch
Twitch
開発元:Twitch Interactive, Inc.
無料
posted withアプリーチ

詰め

FPSで距離を詰めること。

詰め待ち

相手が距離を詰めてくるのを待つこと。

ティア

強さのランキングの階層。

tier:段、層。

DRX(ディーアールエックス)

韓国のeスポーツチーム。

TRPGティーアールピージー

table talk(テーブルトークRPG、またはtabletop(テーブルトップ)RPG。テーブルを囲んでトークしながら遊ぶRPGのこと。対話型のテーブルゲーム

TSM(ティーエスエム)

TSM FTXという2009年設立のアメリカのEsportsチーム。旧名はTeam Solo Midで、2021年に仮想通貨取引所FTXが命名権を獲得し改名。

tmt(ティーエムティー

「止まった」の意味。元々はニコニコ生放送の配信が不具合などで途切れた際に使われ始めた書き方で、tomattaが略された形。トマトとも。

DLC(ディーエルシー)

download contents(ダウンロードコンテンツ)の略。

インターネットを通じて配信・販売される追加コンテンツのこと。

dc(ディーシー)

電源や回線の切断。disconnected。

TP(ティーピー)

テレポートの略。マイクラLoLなどで使われています。

TPS(ティーピーエス

キャラクターの背後から第三者の視点(三人称視点)で進行するシューティングゲームThird-person shooterの略。

DPS(ディーピーエス

damage per secondの略で、「1秒間にどれだけダメージを与えられるか」という火力の度合いを表す。

TBDティービーディー)

to be determinedの略。未定。

Discord - 話そう、チャットしよう、集まろう
Discord - 話そう、チャットしよう、集まろう
開発元:Discord, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ディフィート

defeat:負かす、倒す、打ち破る、敗北。

ティルト

元々はポーカー用語で、冷静を欠いて合理的な判断ができなくなって、過度に攻撃的になったり、混乱でふだんしないプレイをしてしまうことを指すそうです。

tilt:傾ける、傾斜、攻撃、非難。

てぇてぇ

ネットスラングの「尊い」をドラゴンボール孫悟空風に訛って言ったもの。好きとか萌えを超えた時に使う。

デカ肉

医療キットのこと。デカい肉(体)回復から来ているよう。チビ肉は注射器。

デコイ

敵の攻撃を引きつけたり、ターゲットを変えさせるアイテムや装備、もしくは敵を引きつける役割のこと。

decoy:囮(おとり)。

デッドライン

1回の戦闘で自分自身が倒されてしまう範囲。

DeToNator(デトネーター)

2009年設立のプロゲーミングチーム。海外に拠点を構える。DTNやデトネと略される。

detonator:起爆装置。

DeToNator Pro Gaming Team

デバフ

魔法やスキル、アイテムなどを使って、相手を弱体化させること。ドラクエルカニ、FFのスロウ、ポケモンのすなかけなどのようなもの。

ドームファイト

Apexでジブラルタルのアビリティ「プロテクトドーム」を使った戦術のこと。

トキシック

毒づく人。ボイチャで暴言を吐いたり、チャットやSNSで不快な書き込みをする人。

toxic:有毒な。

土下座

League of Legendsでの土下座ファームのこと。

ファームとは敵との戦闘を避けながら経験値やお金稼ぎすることで、土下座ファームは自陣のオブジェクトのタワー下でファームをすること。敵に追いやられるという意味合いもあれば、タワーからの援護射撃を活用するという戦法という側面もあるよう。

ドッジ

試合が組まれてから退出してしまうこと。対戦回避。ペナルティが科されることも。

dodge:避ける、身をかわす、回避する、ごまかす。

ドミネーティング

League of Legendsで死なずに6キル重ねると流れる。

dominating:支配している。

トロール

荒らしや迷惑行為のこと。味方に迷惑かけるプレイやを下手なプレイをしてしまった時に、反省や謝罪の意味で「トロールした」と使われることも。

ドン勝(どんかつ)

PUBGで1位を取ると「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」と表示されることから、バトルロイヤルゲームで1位や優勝することを指すように。

トップティア

top-tier:一流の。

nerf(ナーフ)

ゲームのバランス調整のため、パッチやアップデートなどで武器やキャラクターの強さを下方修正すること。

nerf:弱体化する。

ナイスワン

nice one:いいね、よくやった!

n1とも書かれる。

Nightbot(ナイトボット)

TwitchやYouTubeでのライブ配信のチャット欄を自動で管理してくれるツール。
定期コメントや指定コメントへの自動返信(あいさつ返しやよくある質問への返答など)、スパムブロックなどのモデレーター機能などを有します。

Nightbot導入しているTwitch配信であれば、!memberで参加者、!uptimeで配信の経過時間、!rankで現在のランク状況、!eventで何のイベントに参加しているのかなどが確認できたりします。

ナイトラ

nice try(ナイストライ)の略。ntと書かれることも。

舐めプ

舐めたプレイ。相手を下に見て手を抜くこと。

シールドを失って無防備な、生身の状態のこと。

にじさんじ

Vtuberバーチャルライバーのグループ。約100名所属していて、ゲームイベントにも多数参加している。

ニブイチ

1/2。二択どちらかの状況。

もしくは五分五分という意味で、戦況や勝率などに使われる。

脳死

特に何も考えていないこと。感覚でプレイすることだったり、心ここにあらず状態だったり。

ノック

ノックダウンの略。アーマー・ヘルスが0となって倒れている状態。

ノックアップ

打ち上げること。吹っ飛ばして何もできなくさせるなど。

ノックバック

攻撃を受けた側が後ろに吹き飛ばされること。

野良

オンラインでプレイする時、同じチームやパーティにいる面識のないプレーヤーのこと。または1人で参加しているプレーヤーのこと。

誰かと組まずに1人で参加することを野良プレイと言います。

ノンスコ

ノンスコープの略。スコープを覗かずに撃つこと。

ノンデリ

ノン・デリカシーの略で、デリカシーがないという意味。

ハーフバイ

ラウンドごとにお金で武器を買うゲームで、次のラウンドでしっかり装備を調えるために購入を抑えめにしておくこと。調整バイ。

ハイド

敵にバレないように物陰に隠れてじっとしていること。

hide:隠す、隠れる。

バイラウンド

ラウンドごとにお金で武器を買うゲームで、装備をしっかりそろえたラウンドのこと。

歯茎

勝利を確信するなどでニタァと歯茎を出してにやける様子。油断大敵です。

パッシブ

獲得するだけで効果が持続スキルのこと。

passive:受動的。

パッチ

修正プログラムのこと。

バトルロイヤル

50人とか100人というような大人数の中で、最後の1人、または1チームになるまで戦うサバイバル対戦ゲーム。

バフ

魔法やスキル、アイテムなどを使って、ステータス上昇など自分を強化すること。ドラクエバイキルト、FFのリジェネやヘイスト、ポケモンつるぎのまいなどのようなもの。

PUBG(パブジー・ピーユービージー

『PUBG: BATTLEGROUNDS』という韓国のバトルロイヤルゲーム。

【俺にはアレがある】プレイ時間5000時間の経験をフル活用して奇跡のドン勝を獲る釈迦【PUBG】 - YouTube

腫れ物(はれもの)

VALORANTでk4senさん、ボドカさんらがメンバー募集しても全然集まってくれなかったことから、腫れ物と自称するようにw
腫れていないと来なくなるが、oboさん、SHAKAさん、スタンミさんなどレギュラー化していく人たちも。

恐れ多くて気軽に参加できない雰囲気はAmong Usの圧村みたいなものですかねw

腫れ物VALORANTがとんでもない集団だと思い知らされるスパイギア - YouTube

配信者の腫れ物が集まったフルパランクがカオスだった【VALORANT】 - YouTube

VALO(ヴァロ)

5人対5人のチーム戦で攻守に分かれて楽しむFPSゲーム『VALORANT(ヴァロラント)』。

攻撃側はスパイクと呼ばれる爆弾を設置して起爆を狙い、守備側はスパイク設置の阻止および解除をしていきます。尚、スパイク爆発前に相手を全滅させるのでもOK。

エージェント(18名):ジェット、レイズ、ブリーチ、オーメンブリムストーン、フェニックス、セージ、ソーヴァ、ヴァイパー、サイファー、レイナ、キルジョイ、スカイ、ヨル、アストラ、KAY/O(ケイ・オー)、チェンバー、ネオン

デュエリスト:キルを取りやすいアタッカータイプ。
センチネル:味方の回復や敵の位置特定、トラップなど後方支援スキルを持つ。(sentinel:見張り、歩哨)
イニシエーター:索敵やフラッシュなどによる妨害などで試合を有利に進める。(initiator:創始者、先導者)
コントローラー:敵の視界や行動の制限など、マップの形状による制限を超えたエリアコントロールをできる。

マップ(7種):フラクチャー、ブリーズ、アイスボックス、バインド、ヘイヴン、スプリット、アセント

銃:クラシック、ショーティー、フレンジー、ゴースト、シェリフ、スティンガー、スペクター、バッキー、ジャッジ、ブルドッグ、ガーディアン、ファントム、ヴァンダル、マーシャル、オペレーター、アレス、オーディン

ハンドアウト

事前に配付される資料。

バンピック

試合開始時に、マップや使用キャラクターをBAN(バン/制限)したり、PICK(ピック/選択)したりできる制度。

相手の得意キャラを制限したり、自分の苦手なマップを選ばせないようにしたり、相手のキャラ選択を見て使うキャラを選ぶなど、ゲームが始まる前から駆け引きが起こります。

BO1/BO3/BO5(ビーオーワン/ビーオースリー/ビーオーファイブ)

Best of(ベストオブ)の略で「○本勝負」の意味。

「Best of 1は1回勝負で勝ったほうの勝ち」「Best of 3は3回勝負で2回先取の勝ち」「Best of 5は5回勝負で3回先取したほうの勝ち」というように、数字が最大の試合数を表し、先に過半数勝利したほうが勝ちと見なされる形式。 

ピーク

遮蔽別から体を出すこと。敵の位置が確認しやすくなるが、敵から見えやすくなるリスクもある。

PJS(ピージェーエス

DMM GAMESが主催していたPUBGの公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」。2020年に終了。

PP(ピーピー)

パワープレイ。人狼ゲーム用語で、人狼側の数が有利な場合に票合わせして勝ちに行くこと。

PvE(ピーブイイー)

コンピュータが制御する敵と戦うこと。player versus environmentの略。

PvP(ピーブイピー)

人対人での対戦。person versus person、もしくはplayer versus playerの略。

ヒーローバイ

お金で武器を買うシステムのあるFPSなどで、お財布事情が厳しいチームが仲間1人に武器や装備を託すこと。主には強い人に託すが、お金に余裕がある1人が買うということもあるよう。

ピストルラウンド

お金で武器を買うシステムのあるFPSなどで、初回ラウンドや攻守交代直後のラウンドなど、全員がピストルなどしか買えない状況のラウンドのこと。

姫プ

姫プレイの略。男性プレイヤーに守ってもらったり、優先的に回復されたりアイテムをもらったり…といったちやほやされることを指すそうです。

Ping(ピン・ピング)

ゲームのサーバーに対し情報伝達が往復していく時間を表す数値。Ping値が大きいほど、タイムラグが生まれる。反応速度が物を言うゲームではタイムラグが致命的なため、重要視される。

ファーストブラッド

試合の中で敵味方関係なく最初のキル。FBとも略される。

ファーム

アイテム集めやお金稼ぎ。

ファストトラベル

瞬間移動できるシステム。

ファンボ

fan boy(ファンボーイ)の略。周りが見えなくなるほど熱中しているオタク。

VC(ブイシー)

ボイスチャット

VCT(ブイシーティー

VALORANT Champions Tourの略。VALORANTの世界王者を決める公式大会。

フィニッシャー

ゲームを終わらせる、トドメを刺す効果があるものに使われています。

フォースバイ

ラウンドごとにお金で武器を買うゲームで、お金がないけどできる範囲で買うこと。

4BR(フォービーアール)

4人組とか4人で組んだチームというような意味。3BRだったら3人組。

SHAKAさんが配信タイトルにつけたことから広まったよう。

グループ名なわけではないが、DTN 4BRと言えば元DeToNator(デトネーター)のSHAKAさん、StylishNoobさん、SPYGEAさん、Yamatonさんの4人組(DTN 4BR)を指す。

ちなみにDTN 3BRになると、SHAKAさん、StylishNoobさん、SPYGEAさんのことが多いように感じます。

フォトナ

『フォートナイト』の略。クラフト要素のあるTPSゲーム

フッカー

VALORANTのマップ・BIND(バインド)のBウィンドウのこと。

αテストの時に水タバコが置かれていたことからきたのだとか。

hookah:水ギセル。

www.sepiamars.work

ブッシュ

League of Legendsでマップに点在する草むらのこと。

bush:低木、やぶ、茂み、未開地、奥地。

FNATIC(フナティック)

ロンドン拠点のeスポーツチーム。

ブラハ

Apex Legendsのキャラクター、ブラッドハウンドのこと。

ブリンク

移動スキル全般に使われることが多い。元の意味はbrink:点滅。

フルエコ

ラウンドごとにお金で武器を買うゲームで、まったく買わないこと。

フルパ

フルパーティの略。パーティの全員と面識があること。野良のいないパーティ。

フルバイ

ラウンドごとにお金で武器を買うゲームで、フル装備調えること。

プレミ

プレイングミス。操作ミスや判断ミスのこと。

フローレス

VALORANTで味方が誰もキルされていない状態で勝利すると表示されます。日本語版だとPERFECTに変わるようです。

flawless:完璧な、きずがない。

プロロ

プロファイルロードの略。1度ゲームを終了し、再度入り直すことで位置をリセットしたり、不利な状況を回避したりすること。

ヘイト

元々はMMPRPGで、攻撃対象となる優先順位を決める数値。簡潔に言えば、攻撃の対象。
FPS人狼ゲームでも浸透しており、嫌な戦い方してくる人や活躍している強いやつは先に倒そうと、ヘイトを集めやすく(=狙われやすく)なります。

hate:憎むこと、反感を抱くこと、憎悪。

p2w(ペイトゥーウィン)

pay to winの略。課金で有利になること。

ベイト

味方や自分を囮にして相手を攻略しようとすること。

bait:エサ、囮(おとり)。

ヘッドショット

FPSで頭を撃つこと。的が小さくて狙いにくい分、ダメージが大きく設定されています。ヘッショと略すことも。

ヘルス

体力、HP。

偏差撃ち(へんさうち)

移動する相手の速度や動きを予測し、移動した先で当たるように狙って少し前の位置を撃つこと。

VAULTROOM(ボルトルーム)

招待制のゲームコミュニティ。“鍵を持った人だけが入れる秘密基地”という意味。SHAKAさんの配信拠点にもなっています。

my bad(マイバッド)

チームで対戦していてミスをした際、自らの非を認め、チームメイトへの謝罪として使う。mbと略される。

マダミス

マーダーミステリーの略。架空の殺人事件の登場人物になりきって、犯人を推理したり、逆に犯人とバレないように振る舞ったりするパーティゲーム。内容を知らないからこそ成り立つゲームであるため、遊べるのは1度きりであり、ネタバレは厳禁。

マネーシステム

FPSなどで、ラウンドごとにお金(クレジット)を使って武器を購入するシステム。お金のやりくりや駆け引きが生まれる。

ミシック

mythic:神話の、架空の、伝統的な物語の中で型られる。

ミシックアイテムとあったら伝説の武器程度に捉えておけばよさそうです。

魅せプ

魅せるプレイ。上手さや配信映えという解釈もあるし、腕は関係なく知らない人でも面白そうと思えるプレイという解釈もありますね。

ミラー配信

権利を保持しない第三者の配信をキャプチャし、二次利用して動画配信すること。

任天堂は同時試聴しか認めておらず、ミラー配信は不可。

Mirrativ(ミラティブ)

スマホ専用の配信プラットフォーム。

Mirrativ(ミラティブ)ゲーム実況&アバター配信アプリ
Mirrativ(ミラティブ)ゲーム実況&アバター配信アプリ
開発元:Mirrativ, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Mildom(ミルダム)

ゲーム中心のライブ配信プラットフォーム。

Mildom(ミルダム) ゲーム実況動画・ライブ配信アプリ
Mildom(ミルダム) ゲーム実況動画・ライブ配信アプリ
開発元:DouYu Japan Inc.
無料
posted withアプリーチ

メタ

ゲームシステムによる制限やバグ(メタフィクション)、くしゃみやプレイヤーのクセなどゲーム外の要素(メタ推理)などの意味で使われていることが多いと感じます。

メタが回る

戦術の定番化や流行り廃りなどでプレイスタイルが変わっていくこと。

モク

スモークグレネードのこと。煙幕の出る手りゅう弾で視界を遮るのに使います。

MOD(モッド)

ユーザーが作成したPCゲームの改造データのこと。マイクラの影MODやアモアスの役職追加など、より皆がゲームを楽しめるようにつくられたものを指します。

ライバー

ライブ配信者。特に投げ銭などライブ配信で収入を得ている人。

Rascal Jester(ラスカルジェスター) 

日本のプロゲーミングチーム。

Rascal Jester

ランページ

League of Legendsで死なずに4キル重ねると流れる。

rampage:暴れ回る、猛り狂う。

リーシュ

League of Legendsでジャングルを回るプレーヤー(ジャングラー)が最初に中立モンスターを倒せるように、他のプレーヤーが手伝うこと。

leash:綱でつなぐ、をいっしょに縛る、束縛する、連合させる。

リコイル

射撃における銃の反動のこと。

recoil:後ずさりする、ひるむ、後退する、跳ね返る。

リコール

League of Legendsで自軍の本拠地にテレポートする手段。

リコンボルト

VALORANTでソーヴァが使える、敵を検知するアビリティ。リコンと略される。

リススナ

リスポーン位置を狙うスナイパー。

リスポーン

操作するキャラクターが倒された時、所定の位置から再スタートすること。リスとも。

ルーン

League of Legendsでステータス強化のようなもの。

レイド

主に、多数のプレイヤーが協力して、少人数では倒せない強敵を倒すことを指す。

raid:襲撃、奇襲、強襲。

レート

対戦型のレーティングシステムのことで、個人の戦績やランキングのこと。

もしくは、フレームレート(fps)という1秒間に表示される画像の枚数や、リフレッシュレート(Hz)というモニタの画面更新頻度のことで、ゲームの動きのなめらかさに関係してくるので、タイムラグなどがゲームを左右する時に重視されるようです。

また、連射速度のことを指すことも。

rate:占める割合、比率、頻度。

レーン

League of Legendsのサモナーズリフト(サモリフ)というマップで味方の本拠地と敵側の本拠地をつなぐ3本の道のこと。上側がTOP(トップ)、真ん中の道がMID(ミッド)、下側はBOT(ボット)と呼ばれる。

Let's fucking go

fuckingは強調の意味の砕けた表現になるそうで、仲間内で「行こうぜ!」みたいな感じなのだとか。

rdy(レディ)

readyの略で、準備ができたという意味。I'm ready.などと会話で聞くことも。

レティクル

照準を合わせるための十字線や目盛りなどのマークのこと。

reticle:望遠鏡の視野に照準のために設けられた十字線。

ローム

League of Legendsで担当レーンを離れて別のエリアに行くこと。

roam:歩き回る、ぶらつく、放浪する。

LoL(ロル)

『League of Legends(リーグオブレジェンド )』というMOBAゲーム。

5人対5人のチーム戦で、140体以上の多種多様なキャラクター(チャンピオン)の中から1人1キャラ選んで操作。

戦略を練り、オブジェクトと呼ばれる建造物やモンスターを倒すなどレベルアップさせながら、フィールドの両極にある互いの本拠地を攻め合い、ネクサスという建造物を破壊したほうが勝利。

昔だったら(笑)の印象があったんですけどね。

ついにLoLカスタムに「日本一のLoLプレイヤー」が参戦【League of Legends】 - YouTube

ワース

敗北など結果は悪かったけど、トータルで見れば良かった、価値があるというような意味。

worth:価値がある、値打がある。

ワード

League of Legendsで視界を確保するためのアイテム。

湧く

キャラクターが出現すること。スポーンやリスポーンとも。

What the fuck

「なんてことだ!」「なんだって!」「マジかよ」みたいな意味。配信者結構使いがちなイメージ。略して表記の場合はWTF

割る

ダメージを与えてアーマーの耐久値を0にすること。

ワンコン

ワンコンボの略。1回のコンボでキルするとか、1回のコンボで死んでしまう状況など。

ワンパ

ワンパターン。もしくはワンパーティ(1つのチーム)の略。

1v1(ワンブイワン)

タイマン。1対1。

関連記事

ciel-myworld.hatenablog.com

ciel-myworld.hatenablog.com

ciel-myworld.hatenablog.com


ブログランキング・にほんブログ村へ