私の好きな場所

人生を楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

記事内のリンクには広告が含まれています。このブログでは「私の好きな場所」を求める私しえるの体験談を基に更新中。

【第63回グラミー賞】授賞式の名パフォーマンス×コロナ禍で輝いたアーティストにときめきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:ciel18m:20210318210605j:plain

音を楽しむ。しえるです。

 

今年のグラミー賞授賞式が素晴らしかったので、いまだ余韻に浸っています。

 

中でも特に心に残ったパフォーマンスをまとめてみましたので、どうぞお楽しみください。

(記事長かったので後で分けました。)

【第63回グラミー賞】授賞式の名パフォーマンス×コロナ禍で輝いたアーティストにときめきました。

授賞式の名パフォーマンス

先日紹介したカーディBとメーガンザスタリオンのパフォーマンス以外にも素晴らしいステージがたくさんありました。

 

グラミー賞YouTubeアカウントでは冒頭シーンしか公開されておらず、フルバージョンは各アーティストのアカウントで見られるようになってるのも素敵です。

収益や実績がきちんとアーティスト側に還元されていますからね。

M-1グランプリなども見習ってほしいものです。)

ポスト・マローンの迫力あるステージ 


Post Malone - Hollywood's Bleeding (Live From The 63rd GRAMMYs ® / 2021)

ポスト・マローンは「僕の家族は音楽の才能がイマイチで、僕自身も音程補正ソフトに助けられているだけだよ」なんて話していましたが、迫力ある魂のこもった熱い歌声に胸を打たれました。

「ステージに立つのははいつも怖い、でも観客が盛り上がってるとテンションが上がるよ」というのは、ライブで輝く人らしい言葉ですね。


Post Malone - Only Wanna Be With You (Pokémon 25 Version)

これは余談ですが、「ポケモンに育てられた」というポスト・マローンが、ポケモン25周年記念に公開したカバー曲も素敵です。

ゲームで使われた曲がサンプリングされていて、きゅんきゅんしちゃいます。

現実を基にしたパフォーマンスを見せたリル・ベイビー


Lil Baby - “The Bigger Picture” (Live From The 63rd GRAMMYs ® / 2021)

こちらも日本ではなかなかお目にかかれない、アメリカらしいパフォーマンス。

残念なことに、出てくる場面はどれも現実のノンフィクションです。

バイデン大統領、私たちは正義、平等、政策、そして自由を要求します。

実現のために必要なのは味方ではなく共謀者。

これは「黒か白か」より大きな話で、トレンドなんかじゃない。

自由を得るまで。

上記は曲中に出てくるタミカ・マロリーによるスピーチの一部です。 

ファッションや偽善、1つ1つの問題解決ではなく、すべての「権利の侵害」の根本的解決を訴えています。

カントリー歌手 ミッキー・ガイトンの歌声に心を奪われました


Mickey Guyton - Black Like Me (Our Voices) (Live From The 63rd GRAMMYs ®)

カントリーシンガーによるパフォーマンス3連チャンのトップバッターを務めたミッキー・ガイトンも素晴らしかったです。

個人的にカントリーではイングリッドアンドレスやマレン・モリスに注目していたのですが、思わず意識を奪われてしまいました。

君は1人じゃない、いつまでも共に…ブリタニー・ハワードによる追悼


Brittany Howard - You’ll Never Walk Alone (Feat. Chris Martin) (Grammys Performance)

グラミー賞では毎年、亡くなった方たちを追悼するコーナーがあります。

今年はライネオル・リッチーやブルーノ・マーズなど名だたる面々のメドレー形式になっていてビックリしました。

 

その中で歌われた1曲が、サッカーファンにはおなじみの「ユルネバ」こと『You’ll Never Walk Alone』。

アラバマ・シェイクスのリードボーカルであり、ロック楽曲賞を受賞したブリタニー・ハワードの歌声がとても胸に沁みました。

コロナ禍で輝いたアーティストたち

昇華したストーリーテラーテイラー・スウィフト 


Taylor Swift - cardigan / august / willow (Live From The 63rd GRAMMYs ® / 2021)

『Folkrore』でベストアルバムに選ばれたテイラー・スウィフト

コロナ禍ですべての予定がキャンセルになった中、完全リモートで曲をつくり、1人で活動するフォトグラファーとタッグを組み、セルフヘアメイク・監督・脚本で撮影されたMVと共に、昨夏サプライズ配信して驚かせてくれました。

 

これまで自身の経験を赤裸々に歌っていた彼女が一転、紡ぎ始めた物語。

グラミー賞で見せたパフォーマンスは、その世界観が詰まった魅力的なステージとなっていました。

www.udiscovermusic.jp

ビリー・アイリッシュのコロナ禍で生まれた気持ちの変化


Billie Eilish - everything i wanted (Live From The 63rd GRAMMYs®/2021)

昨年のグラミー賞で史上最年少18歳にして主要4部門を獲得する快挙を見せ、一躍有名人になったビリー・アイリッシュ

 

当初は喜びを見せていたビリーですが、『everything i wanted』では苦悩が見える曲となっていました。

I tried scream

叫び声を上げようとした

But my head was underwater

けど頭まで水中に沈んでしまった

They called me weak

皆は私を弱いやつと言う

Like I'm not just somebody's daughter

私を人の子だと思わないような人たちに

Coulda been a nightmare

悪夢だったのかもしれない

共同制作する兄・フィニアスが「これ以上は続けられないかもしれない」と危惧するほどでしたが、コロナ禍によってできた時間から生まれた『my future』は、自分や未来への希望に溢れた曲となっていました。

i'm in love with my future

私は自分の未来に恋をしている

can't wait to meet her

未来の私に会うのが待ちきれない 

時間が解決してくれるものってありますよね。

さらには、実はビリー・アイリッシュは熱狂的なジャスティン・ビーバーファン「ビリーバー」なのですが、そのジャスティン・ビーバーが若くして成功した自身の経験に重ねて、ビリーのことを心配していた話もあって、こちらももらい泣きしてしまいました。

「若くして業界に入って、右も左も分からない状況だったのは、僕にとってつらいことだった。みんな、僕のことが大好きだって言ってたのに、次の瞬間には背を向けられた。なかなか難しい世界なんだ。

だから、彼女には僕はいつでも味方だって知っていて欲しい」と言うと、続けて「彼女には(正気を)失って欲しくないし、僕が経験したような目には遭って欲しくない。誰にもあんな経験はして欲しくない。だからもし彼女が必要なら、僕に電話して欲しい」と、ビリーが望むならいつでも力になると熱く語っていた。

front-row.jp

いつも隣にいて共に音楽活動をしている兄・フィニアスに加え、とても心強い味方ですね。

葛藤を抱えながらもリリースしたアルバムが20億回再生:デュア・リパ 


Dua Lipa - Levitating ft. DaBaby / Don't Start Now (Live at the GRAMMYs 2021)

2019年に新人賞など2部門でグラミー賞を受賞したデュア・リパ。

『The Voice18』でもアドバイザーとして登場していました。

ciel-myworld.hatenablog.com

私が1つ気づいたのは幸せがどれだけ重要かってことよ

前作を作ったあと私は疲れ切っていて

悲しい音楽を作るしかないと思い込んでいた

スピーチでこう話していたデュア・リパは、コロナ禍によってペースダウンし、SNSから離れたことで、気持ちを切り替えて制作に臨めたのだそうで、80年代ミュージック系の踊れる曲がそろった『Future Nostalgia』ができあがりました。

それでも世の中で多くの人が苦しむ中で音楽をリリースすることに葛藤を抱えていましたが、「幸せや笑顔を届けたい」と涙ながらにインスタライブで前倒しでのアルバムリリースを発表。

過去の失恋を乗り越えて決別し、「もう顔を見せないで、出てこないで」と歌った『Don’t Start Now』は、外出自粛ソングとして話題になったそうです。

ちなみにリミックスアルバムの方には、直接オファーをもらった星野源さんが唯一の日本人として参加しています。

 

関連記事

ciel-myworld.hatenablog.com

ciel-myworld.hatenablog.com

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ