私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

【みなとみらい】あと4日!年内で閉業の様々な動物たちに触れあえる施設に駆けこんできました:オービィ横浜(神奈川県横浜市西区)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Untitled

オービィ横浜

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい 5F

TEL:045-319-6543

アクセス:横浜高速鉄道みなとみらい線 みなとみらい駅直結

※2020年12月31日に閉業

orbiearth.jp

【みなとみらい】年内で閉業の様々な動物たちに触れあえる施設に駆けこんできました

セガによって、大自然や動物たちの世界を全身で体感するエンタテインメントパークとして2013年に横浜みなとみらいに開業したオービィ。

すでに2018年9月末に大阪、2019年4月末にドバイのフランチャイズ店が閉館しており、残っていた1号店・オービィ横浜の方も2020年12月31日をもって閉館が発表されました。

 

動物好きとしてはもちろん施設をチェックしており、行きたい場所リストにずっと入っていたのですが、気づけばそんなことになっていて、HYDEさんのライブで横浜に行く機会があるから、せっかくだから閉まる前に行こう!と滑り込んできました。

場所はMARK IS みなとみらいの5階

Untitled

商業施設MARK IS みなとみらいに来たのは何気に初めてかもしれません。

Untitled

タリーズコーヒー東京ガスショールーム近くのエスカレーターから5階へ。

チケットの事前購入・エキシビションの事前予約 

Untitled

入館チケットは、アソビュー!でパスポート(入館料+フリーパス)を200円引きで事前購入してから行きました。

入館料が大人で800円、1つのメインエキシビションが500円くらいするので、3つ回れば十分お得ですね。

Untitled

受付で事前購入した電子チケットを見せて、リストバンドと交換してもらう形でした。

Untitled

リストバンドには電波を発しないRFIDタグが埋め込まれていて、入退場の確認やフォトスポットで撮った写真の保存などに使われます。

ちなみにRFIDタグとは、ユニクロなどのお店で値札タグとして使われているやつですね。

読み込むと商品情報や在庫情報をチェックできて管理が便利というようなものです。

Untitled

エキシビションと呼ばれる各コーナーは事前予約ができるのですが、公式サイトを確認した時は、ぶっちゃけどこからできるのか全然わかりませんでした。

列に並ぶというのはなるべく避けたかったので、現地でエキシビションの事前予約をして、時間に合わせて行動する形を取りました。

エキシビションはブース間の移動もあるので、時間を詰め詰めにせず、10~15分くらいのインターバルを開けるのがいい感じでした。

Untitled

退出時には回収ボックスにリストバンドを返却。

アニマルガーデン

Untitled

アニマルガーデンは普段なかなかお触りする機会のない動物と触れ合えるエキシビションで、哺乳類から爬虫類まで幅広いメンツがそろっていました。

こちらでは触ることができる対象は決まっていましたが、触ることができないのは大体納得のメンツです。

右隣はアニマルヴィレッジで、シマリスを中心とした小型動物のエキシビション

Untitled

カピバラさんは結構ツンツンのハードヘアー。

Untitled

草をむさぼり食べていました。


【オービィ横浜】ケヅメリクガメの帰宅

ちょうどお散歩に出ていたケヅメリクガメが帰還するところで、絶好のポジションにいた私。

Untitled

普段触ろうという気にならないカメさんも、これだけ大きいと触ってみたくなりますね。

もちろん甲羅はカチカチでしたが、頭や手は硬すぎず、やわらかすぎずで、 思っていたよりガサガサではなく不思議な感じでした。

Untitled

イグアナさんは超爆睡。

Untitled

1番触ってみたかったムツオビアルマジロさんは奥でお休みされていて触れることができず、唯一の心残りです。

Untitled

アルマジロ触れる機会はなかなかないので残念…。

Untitled

ミーアキャットは2人でぐっすり寝ていて可愛かったです。

Untitled

ブースを出た後、目を覚ましたようです。

Untitled

こちらではお触り対象ではないのですが、実は以前、街中でお散歩していたミーアキャットを触らせてもらったことがあります。

Untitled

すっごい触り心地いいんですよね、お腹がぷにぷにのサラサラで。

Untitled

フクロウ・ミミズクもいっぱい。

Untitled

ハルクインコンゴウインコさん。

大きいので羽を広げたりすると大迫力。

Untitled

こっちがルリコンゴウインコかな?

Untitled

こちらのヨウムさんは、ヒカキンさんの動画で「オービィ!」と喋っている様子が窺えましたが、実際には鳴いているところまでしか見れませんでした。


動物50種いる施設が完全にジャングルだったwww


【オービィ横浜】ヨウムのサリーちゃんにエサやり

でも代わりにエサやりができたので満足です♪

Untitled

モモイロインコさんは横揺れしていて可愛かったですw

Untitled

来た時にはオオハシさんがいたのですが、中に入ったらいなくなってて残念。 

アニマルスタジオ

Untitled

入ってすぐ、右手の階段を上がった2階にあるアニマルスタジオは、小型動物のお触りが中心。 

Untitled

久しぶりにヒヨコに触りました。

めちゃくちゃ癒されますね。 Untitled

セキセイインコは怯えられちゃって触れず。。 

Untitled

コザクラインコは手に乗ってくれました。

私は種類が近いヤマブキボタンインコを昔飼っていたので、感触が超懐かしかったです。

Untitled

オカメインコは、かきかきしてもらいたがりな子でしたw

Untitled

ズグロシロハラインコは他の小型インコと比べて、少しサイズが大きくなるのでくちばしの圧が全然違いました。

Untitled

こちらには小型のフクロウがそろっていました。

Untitled

ウサギやモルモットも。

Untitled

平べったいぶよっとしたカエルが他にも何匹か。

Untitled

フトアゴヒゲトカゲ

鳥たちに夢中になって、時間がちょっと足りませんでした…。

インフィニットアクアリウム

Untitled

こちらは無料ゾーンのお魚コーナー。

Untitled

多くの水槽は匹数が少ない中、クマノミはたくさんいて映えていました。


【オービィ横浜】インフィニットアクアリウムのクマノミ

閉館イベントの縁日の声とヒヨコの鳴き声が響きわたっています。

キャットパラダイス

Untitled

猫ちゃんをお触りできるエキシビション・キャットパラダイス。

Untitled

エサを購入してあげることもできたのですが、滞在時間が短いから手に余ると思って、私はなしでいきました。

Untitled

十数匹の猫さんが思い思いの場所で過ごしています。

Untitled

1番触らせてくれたペルシャのルリ。

Untitled

ロシアンブルーのナイトはずっとお外を眺めていました。

Untitled

お菓子の入ったカプセルを捨てるゴミ箱の上にお邪魔猫が。

Untitled

久々に猫充できて嬉しい。。。

その他パーク内の様子

Untitled

フォトスポットでは、いろんなお客さんの顔がクリオネになっていて笑っちゃいました。

ここで撮ったリストバンドに写真を保存できて、pictureAirというサービスを経由してダウンロードできるようです。

Untitled

-20℃の極寒の風を体験できるというマウントケニアは事前予約制で、早い段階で受付終了になっていました。

Untitled

定期的に鳥たちが入れ代わり、おみくじやルーレットなどの催しが開かれていました。

Untitled

私はスルーしてしましましたが、マウンテンゴリラの4Dシアターも。

Untitled

私が通った時に人はいませんでしたが、閉館イベントの1つでワークショップもあるようでした。

…あ、これ鬼滅の刃か…!!緑じゃないから気がつきませんでした。

地図

 


ブログランキング・にほんブログ村へ