私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

【浦和のうさぎ神社】初見では見落としがちな隠れうさぎポイント教えます:調神社(埼玉県さいたま市浦和区)


ブログランキング・にほんブログ村へ

Untitled

調(つき)神社

住所:埼玉県さいたま市浦和区岸町3

TEL:048-822-2254

アクセス:JR浦和駅西口より徒歩約10分

※2020年12月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.stib.jp

【浦和のうさぎ神社】初見では見落としがちな隠れうさぎポイント教えます

地元民から「つきのみやさま」と親しまれる調神社は、うさぎ神社として有名な場所です。

これまで何度か訪れているのにもかかわらず、いまだに新しい発見があり、見ているようで見ていなかったことに驚きます。

私自身いまだに全部は自分の目で確かめきれていないのですが、今回は見逃しがちなうさぎポイントを中心にお伝えしていければと思います。

「調(つき)」とは?

Untitled

伊勢神宮へ納める調物(ちょうもつ/貢ぎ物)の倉庫が建てられ、運搬所として近隣調物が集まっていたのだそうです。

「調」神社の名前は、この調物から来ていたんですね。

Untitled

調物の搬入の邪魔にならないように鳥居や門が取り払われたため、入り口に鳥居のない珍しい神社となっています。

うさぎが神使となったきっかけ 

「調(つき)」が「月」と同じ読みだったことから、月の満ち欠けにまつわる民間信仰『月待(つきまち)信仰』と結びついて、月の使いとされるうさぎが神使となったのだとか。

たしかに「つきのみやさま」という言葉だけ聞いたら「月の宮さま」と思ってしまいそうですね。

 

江戸時代には「月読社」と呼ばれていたこともあったそうですが、調神社の御祭神は、天照・豊宇気姫(とようけびめ)・スサノオの三柱しかなく、月を司る月読(ツクヨミ)は祀られていません。

うさぎポイント1:入り口にあるうさぎの石像(★)

IMG_7518

狛犬の代わりにうさぎの親子の石像が出迎えてくれます。

(神社側が「狛兎」という表現を使わず「うさぎの石像」と記載しているので、当ブログでは表記を合わせました。)

Untitled

IMG_7519

2013年に複製されたものになります。

うさぎポイント2:手水舎(★★)

IMG_7524

参道を歩くと右手に現れる手水舎、インパクトある大きなうさぎに目を奪われます。

Untitled

現在は新型コロナウイルスの影響で、ひしゃくは撤去されていました。 

Untitled

軽く小さな子供くらいのサイズはあります。

横から見た時の前足の置き方が可愛い!

Untitled

Untitled

つい大きなうさぎに目が行ってしまったまま手を清めて後にしてしまいがち…。

ですが、実は手水舎の下側にある台座にもすやすや眠るうさぎたちが。


浦和・調神社のうさぎ手水舎

うさぎポイント3:拝殿(★★★)

IMG_7527

祭事などや年末年始の際は多くの人でにぎわいますが、ふだんはとても静かで落ち着いた雰囲気の場所です。

Untitled

十二日まちや初詣に向けて、年末などはお賽銭のところが仕様変更になります。

Untitled

拝殿にもうさぎが餅をついている絵馬が飾られているようなのですが、気がつけませんでした。

Untitled

前の写真では隠れてしまっていましたが、実は天水桶の足もとにはミニ獅子がいて可愛いんです。

うさぎではありませんが、個人的隠れ推しポイントです。

Untitled

見上げると、唐破風などに繊細な木彫りの装飾があしらわれていて、とてもカッコイイです。

Untitled

よく見るとこの木彫りの装飾や照明にもうさぎが確認できます。

Untitled

またちょっとわかりにくいですけど、よく見るとつりさげられた灯籠にもうさぎがいます。

うさぎポイント4:神池(★★)

Untitled

境内の奥には神池が広がります。

IMG_7539

神池の中央には、勢いのよいうさぎの噴水が。

その隣ではうさぎに挟まれて、本物のカメが休んでいました。

なかなかお目にかかる機会のないリアル『うさぎとカメ』ですね。 


【浦和のうさぎ神社】調神社の奥にある神池〜旧本殿散策

うさぎポイント5:稲荷神社(旧本殿)(★★★)

Untitled

神池のまわりをぐるっと歩いて行くと…

Untitled

稲荷神社に参拝できます。

Untitled

Untitled

Untitled

1860年まではこちらが本殿として使用されていたそうです。

Untitled

鮮やかなうさぎたちが彩られています。

私がこの旧本殿の存在を知ったきっかけのネットの情報とは見た目が違っていたのですが、どうやら2017年に修復工事が行われたようです。

市指定文化財「調神社旧本殿」の修理が完了し、見事な極彩色が蘇りました

Untitled

以前の姿を目にすることが叶わなかったのは残念ですが、可愛らしい龍や獅子もいるので、ぜひチェックしてほしい場所です。

ちなみに側面にもうさぎがいるので、そちらもお忘れなきよう。

(私は忘れてしまったので、また拝みに行きたいと思います…)

うさぎポイント6:先代うさぎの石像(★★)

Untitled

蔓延2年(1860~1861年)に作られたとされる先代。

現在入り口にある石像はこちらを基に、2013年に復刻したものになります。

うさぎポイント7:御朱印・授与品(★★)

Untitled

御朱印もうさぎのスタンプ入り。

調神社はお寺の御朱印帳であったり、お寺の御朱印が混在していたりすると、記帳を受け付けてもらえないので要注意です。

Untitled

お守り仕様が可愛い待ち札もうさぎです。

初穂料は500円でした。

Untitled

御朱印帳には、はっぴを着たうさぎさん。

Untitled

お守りや絵馬もやっぱりうさぎのものが多いですね。

50689550478_bb3763a4a2_o

50690303131_6afdb5abd1_o

写真入りで凝ってますね!

50690303096_6125de1e0d_o_s

余談ですが、『戦姫絶唱シンフォギア』というアニメに調神社が登場していたようで、ファン界隈では聖地となっているそうです。

絵馬をきっかけに、そこが何の聖地となっているかを知ることが多いです。

番外編:摂社などのスポット紹介

Untitled

「鳥居がない神社」として有名なのですが、稲荷神社の前にもあったように、調神社以外の摂社の鳥居は存在しています。

Untitled

こちらまで足を運ぶ方は少なめ。

苔むす手水鉢がよい感じです。

金毘羅神社

Untitled

調宮天神社

Untitled

学業成就に調宮天神社も。

百度

Untitled

こちらは初めて見た「百度盤」。

百度参り」といって、入り口→(願い事)→拝殿での参拝→(反省)→入り口という一連の流れを100回繰り返すというお参りの仕方があります。

百度参りを行う際に使うもので、何回目の参拝か数えるために「百度盤」の板を1枚ずつひっくり返していくのだそうです。

今まで存在に全然気づいてませんでした。

楽殿

Untitled

駐車場や駐輪場の隣には神楽殿

上部右手にある大きな熊手は次に書く十二日まちのもの。

左手に見えるワイン樽の奉献酒は『兎田ワイナリー』から贈られており、こんな所にもうさぎ繋がりが。

番外編:十二日まち(じゅうにんちまち)

Untitled

本来なら本日12月12日は、毎年『十二日まち』という酉の市が開催されるのですが、今年は武蔵一宮氷川神社の『十日市』同様、新型コロナウイルスの影響で開催中止となってしまいました。

代わりに「浦和熊手市」と称して、規模を縮小して隣の調公園で行われる予定でしたが、10日夜に露店全焼の火事があったらしく、残念ながらこちらの熊手市も開催中止となりました。

例年の十二日まちの様子

PC120134_12machi

例年は熊手(かっこめ)を求める人たちでにぎわいます。

IMG_7539

ちりめんのだるまやおさるさんが可愛らしいです。

Untitled

浦和レッズの宇賀神選手の熊手を発見。

IMG_7539

さいたま市マスコットのコバトンもいました。

Untitled

個性が光っていますね。

…笑顔じゃなかったら夢に出そうでした。

出店の気になる存在たち

IMG_7539桜田門警視庁のボトルが気になってしまいました。 

PC120105syateki

射的のレベルが一味違います。

的がくるくる回るのは初めて見ました。

IMG_7539

お化け屋敷の出店まであってビックリ!

IMG_3878obake

なかなか大掛かりです。

PC120150teseo

コンピューターによる手相診断なんてものまでありました。

地図

 


ブログランキング・にほんブログ村へ