私の好きな場所

ひたすら好きを推し続けるブログ

居心地最強!女性のためのご褒美が詰め込まれた宿:翠蝶館(北海道札幌市)

IMG_7919

女性のための宿 翠蝶館

〒061-2303 北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目57

札幌から車で約45分

www.suichokan.com

 

定山渓(じょうざんけい)温泉は札幌から車で1時間かからずに

行ける所にある温泉街になります。そこで泊まった旅館を紹介します。

今回、男性の方には先に謝っておきます。

ここは男性の意志で行くことはできませんごめんなさい笑

 

元々は普通の旅館だったのを、女性のための温泉宿としてリニューアル。

 

コンセプトはすべてのお客様に美しくなる体験を。

温泉での湯治、薬膳を使った食事を中心に

心から身体から美と健康をサポート。

女性が本当にくつろげる宿を目的としてすべてが考えられている

まさに女性のための宿です。

 

基本的に泊まることができるのは13歳以上の女性のみ。

男性のみ(女性と同伴なら可)・ 小学生以下の子供は泊まることができず

全室禁煙、ひとり旅歓迎なので他のお客さんが気にならない!

また部屋数20とこぢんまりとしてるからこそのゆとりが心地よい。

日常から解放され、1人の女性としてのびのびゆったりくつろぐことができます。

IMG_7843

ロビーからおしゃれが止まらない〜!!!

P7070876

チェックインすると、まずはリラックス・エナジーデトックスの中から

現在の気分に沿った五煎のお茶のボトルを受け取ります。

P7070865

お食事は「薬膳×北海道産の旬食材」で美と健康を意識したコースを楽しめます。

P7070864

食事が運ばれてくるまでお品書きと食材・効能の紹介を眺めます。

IMG_7836

恵庭放牧ポークの油淋ソース美味しかった!

IMG_7835

スープも五煎のお茶と同じ3つの目的の中から選べます。

ホテルのお兄さんも薬膳の具材について説明をしてくれます。

対応していただいたお兄さん、まだ入って数ヶ月の若い方だったのに

すごく一生懸命勉強していて素敵でした。

鳥のお話など色々付き合ってくれてありがとうお兄さん!!

おかげでひとりでも楽しめたよ!!

IMG_7838

カカオの殻に入ったチョコジェラートに陳皮のパウンドケーキが美味しい。

というかこの見た目のインパクトに驚き。

IMG_7910

こちらは朝食。サラダもトルティーヤも美味しい!!

IMG_7914

こんなおしゃれな杏仁豆腐、初めて食べました。

IMG_7856

ロビーの奥に進むとカラーパネルが並んでいるのですが

様々な色合いの絵から今の気分に合った絵を選んで部屋に飾ることのできる

カラーセラピーもあります。右側には薬膳の食材も並んでいます。

IMG_7875

さらに進むとラウンジが。紅茶・コーヒーをいただくことができます。

IMG_7917

外の景色眺めてるだけで癒される。ちなみに夜は蛙の声が気になる笑

IMG_7858

夜になるとスイーツコーナーができて自由に食べることができます。

IMG_7901

2階から覗いてみたり。暖炉が可愛い!

IMG_7853

2階のエステエリアはとても可愛らしい雰囲気になります。

IMG_7879

右に行くと靴を脱いでくつろぐことのできる「ごろごろスペース」。

居心地良くて本当にごろごろしちゃいます。

IMG_7878

脱いだスリッパには蝶形のクリップをつけて自分のものがわかるようにできます。

IMG_7900

スパ・エステ・岩盤浴もあるので次は行きたいなぁ。

IMG_7847

部屋はこんな感じ。

IMG_7846

IMG_7852

枕も自分好みにアレンジできます。

IMG_7862

先ほどのカラーセラピーで選んだパネルはこのように部屋に飾れます。 

IMG_7907

部屋の冷蔵庫の中にもデザートが!

IMG_7908

生チョコ嬉しい〜♪

IMG_7848

IMG_7920

外を散歩するのもとても気持ちが良いです。この話はまたの機会に。

 

ライブ遠征の弾丸ひとり旅で、この時仕事で疲れ切っていて癒されたい一心で

タクシーで札幌から駆け込んだのですが、ここに泊まれて本当によかったです。

温泉も気持ちよかったし、もうとにかくひたすら癒されました笑

 

多忙な毎日につい自分を労わることを忘れがちになってしまいますが

ここなら環境がそうさせてくれます。

仕事頑張っている方も、子育てを頑張って家のことで頭がいっぱいなママも

自信がなくて自分なんかがとか考えてしまうあなたも、

周りの目を気にせず、全力で女子を満喫できますよ。

普段頑張っている自分へのご褒美にいかがでしょうか?

 

もちろん友達の女子旅にもぴったりだと思います!

私も今度は友達を誘って行こうかと考えています♪