私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

草津温泉・湯畑近くの元お風呂場カフェでひと休み:茶房ぐーてらいぜ(群馬県草津町)

Untitled

茶房ぐーてらいぜ

住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津温泉368番地

TEL:0279-88-6888

営業時間:9:30~17:30 定休日:火曜日 

全席禁煙 駐車場:日進館の駐車場を使用可

アクセス:草津温泉バスターミナルから徒歩約5分

※2020年7月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.nisshinkan.com

草津温泉・湯畑近くの元お風呂場カフェでひと休み

300年以上の歴史を持つ草津温泉の旅館・日新館が運営する喫茶ぐーてらいぜ。

ドイツ語で「よい旅を」の意味を持つ「ぐーてらいぜ」という名前には、立ち寄ったお客さんがこれからもよい旅を続けられるようにという気持ちが込められています。

店内

Untitled

建物は草津最古の宿・日新館の風呂場の構築をそのまま利用しているのだそう。

高い天井や天窓に名残を感じますね。

Untitled

メニュー

Untitled

ドリンクメニューが結構豊富です。

Untitled

ケーキは日替わりのよう。

Untitled

どれも美味しそうで迷いました。

料理

Untitled

私がいただいたのはヨーグルトティラミスとアイスほうじ茶ラテ。

想像以上にヨーグルトが前面にいて、酸味が効いてさっぱりして美味しかったです!!

ほうじ茶ラテもシンプルでケーキにちょうどよかったです。

外観

Untitled

Untitled

木材で作られた看板が可愛らしいですね。 

Untitled

お店の場所は、草津温泉名物・湯畑の湯滝の目と鼻の先になります。

地図

日常を忘れ最高に癒される幸福度満点の霧島温泉旅館:摘み草の宿こまつ(鹿児島県霧島市)

IMG_0362

摘み草の宿こまつ

住所:鹿児島県霧島市牧園町高千穂3908

TEL:0995-78-2557

アクセス:鹿児島空港ICから車で約20分

※2020年7月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。
tsumikusa.jp

日常を忘れ最高に癒される幸福度満点の霧島温泉旅館

私に良い宿に泊まる楽しみを教えてくれた霧島温泉の旅館です。お値段以上の幸せな時間を過ごすことができました。

お部屋、お料理、お風呂、接客、すべてにおいて最上のサービスを受け、いつ思い出しても笑顔になれる最高のひと時を過ごさせていただきました。近々絶対にまた泊まりに行きたい宿の1つです。

客室は6つのみ

摘み草の宿こまつは「土筆(つくし)」「芹(せり)」「蓼(たで)」「蕗(ふき)」「蓬(よもぎ)」「蕨(わらび)」と摘み草の名前がつけられた和風モダンなお部屋が6つ用意されています。

それぞれのお部屋は全く違った趣のつくりとなっており、間取りやお風呂の形、部屋のスタイルなどがすべてバラバラ。

予約時にどの部屋に宿泊するか選べたので、その時の気分に合わせてめちゃくちゃ吟味しました。

IMG_0441

このような廊下から1室1室分かれていくそれぞれの部屋が家かのような仕様になっており、宿泊している間に他のお客さんが一度も気になりませんでした。

蓬(よもぎ)の部屋

IMG_0397

私が泊まった部屋は、よもぎの部屋。

IMG_0383

玄関の土間です。すごくシンプル。

IMG_0521

部屋に入るとまずは4.5畳の和室、そして奥には洋風の縁側が。

IMG_0367

……私、ここ住みたい。。。

IMG_0523

IMG_0469

坪庭を横目に、鳥のさえずりと朝の日光を浴びながらの珈琲タイム。贅沢すぎます。

IMG_0444

夜は雰囲気のあるおしゃれ空間に。

IMG_0369

ソファの向かいにはテレビも完備。寝るスペースと分けられているのが素晴らしい。

IMG_0371

坪庭には出ることもできます。

IMG_0373

緑に囲まれてまったり。。。


【摘み草の宿こまつ】部屋「よもぎ」の坪庭<鹿児島・霧島温泉>

IMG_0388

8畳のメインの和室の全景を撮り忘れる痛恨のミス…orz

代わりにメインの和室にある小物たちを紹介していきます。まずは可愛い蚊取り線香

今初めて気づいたけど、コンセントカバーもちゃんと可愛くなってるんですね!

IMG_0394

素敵な生け花も飾られています。

IMG_0389

香り系のアイテムに疎いのですが、初めて茶香炉を体験しました。

IMG_0386

押し入れには浴衣が。可愛らしい柄です♪

IMG_0387

トイレ。

IMG_0464

各部屋に内湯がついているのも嬉しいですね。

IMG_0465

さらに外には露天の土風呂も。

 

貸切露天風呂

IMG_0516

部屋の内湯とは別に、離れに貸切できる露天風呂も用意されています。

IMG_0512

こちらがその切り石の露天風呂。

IMG_0509

単純硫黄泉のかけ流しとなっています。

IMG_0510

充実した室内サービス

IMG_0366

まずはウェルカムスイーツ!運転で疲れたからだに染みわたります。。

IMG_0399

知覧茶や霧島茶が楽しめます。その隣にあるのはコーヒーメーカー!

IMG_0401

挽いた豆とフィルタが用意されているの初めて見ました。これはテンションが上がります。

IMG_0460

さらにはなんとかき氷まで無料サービス!!電話1本で部屋まで届けてもらえます。

風呂あがりのかき氷、なんて乙なんでしょうか!

IMG_0398

アメニティもバッチリ揃っています。

これまでの価値観が変わるほど美味しすぎるお食事

地元の旬な食材を使った懐石料理をいただけます。このお料理が本当にオススメ!!

これまで様々なお店を紹介してきましたが、こちらのお料理は別格です。

全体的にまず素材が新鮮で、食材そのものが美味しすぎます。それを最小の味付けで素材本来の味を最大に生かすから、すべてが絶品。1つ1つの味をかみしめて味わう幸福を体感できます。

心とからだが喜ぶ食事ってこういうことか!と衝撃を受けすぎて、部屋に帰ってからは今後の食事どうしていこう…と真剣に話し合うほど価値観を揺るがされました。

あと鹿児島の甘い醤油がどこのを使っているのか聞けばよかったと後悔しているくらい好みの味でした。今からでも聞いてみようかな…笑

IMG_0415

前菜。正直このお皿のほとんどが普段の私なら手を出すことのない苦手な品々ばかりだったのですが、美味しいので全部口にすることができました。唯一ダメだったのがゴーヤの苦さくらいで、それ以外は全部美味しくいただけちゃいました。

このさつま揚げがまたふんわり甘くてめちゃくちゃ美味しくて、これまで食べたさつま揚げの中で1番の味でした。

IMG_0417

シソそうめんのお吸い物。優しい味に梅干しが良いアクセントとなっています。

IMG_0418

モモとムネの2種類の違いを味わえる地鶏のタタキ。軽く炙られていて、大根がまた最高の組み合わせ。今写真を見ただけも笑顔になってしまうくらい、美味しかったなぁ…。

IMG_0423

アユの塩焼き。

IMG_0426

黒毛和牛のヒレ・ステーキ。これがまたお肉の旨味が口の中でとろける幸せ…!!!

IMG_0427

野菜の天ぷらを抹茶塩で。1番衝撃だったのがアスパラの天ぷら。シャキッとしたアスパラからじゅわっと瑞々しさが弾けだすのに、天ぷらとしてはビチャビチャせずあっさりサクサク。

アスパラって天ぷらにするの?アスパラってこんなに大きくて瑞々しいの?てかアスパラってこんな甘いの??とこれまでの自分のちっちゃな常識が覆るほどの美味しさでした。

もちろん他のも同じく美味しかったのですが、個人的にインパクトがすごかったです。今もなお、口に入れた時の感触を思い出せるぐらいに。

IMG_0436

デザートのフルーツ。霧島はぶどう狩りが有名なんですね。この時が初めて食べたシャインマスカットでした。

IMG_0494

朝は蒸し野菜をポン酢で。新鮮なので素材本来の甘味がたっぷり味わえます。私は元々の野菜好きですが、野菜の美味しさが理解できない方にとっても価値観が変わるのではないでしょうか。

最高の時間を提供してくださるスタッフさんの接客

限られた室数であるから対応がめちゃめちゃ早く、丁寧な接客をしていただけました。

実は私たちが宿泊した部屋にヤツが出たんです。Gさんが。

2人とも虫がダメだったのでフロントにヘルプをお願いしたところ、お兄さんがすぐに駆け付けてくれ、ドアを閉め切って颯爽と対処してくれました。「もう大丈夫ですよ!」と笑顔で対応してくださったお兄さん、かっこよかったです!笑

スタッフの皆さんの心地よいおもてなしのおかげで、安心して過ごすことができました。その節はありがとうございました。

地図

予約はこちら


 

伊香保神社手前にある温泉まんじゅう発祥のお店:勝月堂(群馬県渋川市)

Untitled

湯乃花まんじゅう 勝月堂

住所:〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保591-7

TEL:0279-72-2121

営業時間:9:00~18:00 不定

アクセス:JR上越線渋川駅より関越交通バス伊香保温泉行きにて伊香保温泉下車より徒歩10分

※2020年7月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.shougetsudo.net

伊香保神社手前にある温泉まんじゅう発祥のお店

開湯して2000年、有名な温泉街としても400年ほどの歴史を持つ伊香保温泉。

温泉地で親しまれている温泉まんじゅうは、この伊香保温泉で生まれたのだそうです。

今回はそんな温泉まんじゅうの原点となったお店のお話です。

Untitled

伊香保温泉といえば石段街が有名です。のぼりきった先には伊香保神社があります。

Untitled

ちなみにこれが365段目にある伊香保神社。

Untitled

その伊香保神社の手前、300段目にあるこちらの看板が目印。

奥に見える石段が伊香保神社への階段ですね。

Untitled

伊香保神社前の踊り場で右手に曲がると、温泉まんじゅう発祥のお店である勝月堂があります。 

Untitled

勝月堂は明治43年(1910年)に創業の100年以上の歴史のあるお店。

湯の花まんじゅうは、東京風月堂で修業した半田勝三さんが「伊香保温泉に名物を」という話をもらったことから、茶褐色の湯の色をイメージして作られたもので、現在も創業当時と変わらぬ製法と味を守り続けられているのだそう。

Untitled

すべて国産食材を使った手作りで、保存料など余分なものが含まれていないシンプルな美味しさを味わえます。

Untitled

こちらが湯の花まんじゅう。 北海道十勝産の小豆をつかったこしあんがたっぷりつまっていますが、甘さは控えめでちょうどよく、ふんわりした皮との相性も抜群で、つい手が進んでしまいます。まんじゅうにありがちなパサパサがまったくないのがまた嬉しいですね。これはまた食べたい!!

地図

 

小ネタ集:霧島みやまホテル駐車場の謎の動物たち(鹿児島県霧島市)

IMG_0568

霧島みやまホテル

住所:〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3878-82

アクセス:鹿児島空港から車で約20分

霧島みやまホテル駐車場の謎の動物たち

こちらのホテルに宿泊したわけではないのですが、霧島温泉街を散策していたら気になる場所を発見しました。

IMG_0550

こちらの坂道をのぼっていくと駐車場になっています。

IMG_0554

どーん!!

IMG_0607

なんかいる…

これはシカ?ガゼル?レイヨウ?インパラ?それともツノ牛?

IMG_0557

今度はシマウマ…

IMG_0559

虎はいきなり石像に…テイスト変わるんかい。

IMG_0561

「花房の湯」という離れ湯もありました。

IMG_0598

上まで登りきると…

IMG_0567

うわぁーめっちゃいるー!!

IMG_0572

クマは危険な目をしている。。

IMG_0574

トラはちょっと甘えん坊な感じ。

IMG_0578

カンガルーの親子は目力があります。

IMG_0566

ラクダはひなたぼっこで気持ちよさそうです。

IMG_0583

ウマは目が死んでいる。こういうモンスターいそう。。

IMG_0585

無駄にアップしてみる。

IMG_0592

キリンまで…!!でかい!

IMG_0597

ここは動物園か。

IMG_0603

帰り際も動物たちがお見送り。

IMG_0606

「また来てね。」

なんちゃって。

地図

【水どう聖地巡礼】平岸高台公園とHTB(北海道テレビ)旧社屋を振り返る(北海道札幌市)

P7070689

「そのジャージ、栗生んじゃねぇ?」しえるです。

この風景、なじみのある方もいらっしゃるかもしれません。

今回は超人気ローカル番組「水曜どうでしょう」と聖地や展示イベントの様子をご紹介します。

ちなみに筆者が好きなシリーズは「対決列島」と「釣りバカ対決」です。

【水どう聖地巡礼平岸高台公園HTB北海道テレビ)旧社屋を振り返る

水曜どうでしょうとは?

1996年に始まったHTB北海道テレビ)制作の深夜ローカルバラエティ番組「水曜どうでしょう」、2002年にレギュラー放送が終了した後も、全国で再放送されたり、数年に一度新作が発表されたりしており、今も根強い人気を誇ります。

大泉洋くんと鈴井貴之さんのメイン出演者2人と藤村忠寿チーフディレクター嬉野雅道カメラディレクターのディレクター陣2人を合わせた<どうでしょう班>4人が送るぐだぐだで、ぶっとんだ企画の数々は、YouTubeの先駆け的内容であり、ノリやSEなどの編集に影響を受けたであろうYouTube動画も散見されます。

番組開始当時は大泉くんはまだ大学生であり、無名であった演劇ユニット「TEAM NACS」合わせて有名になるきっかけの1つとなりました。

平岸高台公園

平岸高台公園はなんてことない住宅街にある小高い丘の公園です。

しかし今では、北海道テレビの「水曜どうでしょう」という番組で一躍有名になった聖地となっています。

住所:〒062-0934 北海道札幌市豊平区平岸4条13-8

アクセス:札幌市営地下鉄 南北線 南平岸駅から徒歩約5分

P7070689

毎回、番組の始まりと終わり(前枠・後枠)に、メインのミスターこと鈴井貴之さんと大泉洋くんが本編の説明をするのに、この場所が使われていました。片方が説明、片方がオチとなるのですが、いつもシュールでじわじわ来ます。

まさかの工事中orz

場所はHTB旧社屋のすぐ隣にあります。一時期工事中だったので、HTB移転前に再訪し、工事中でない状態を拝むことができてよかったです。

IMG_6960

IMG_6962

HTB外観

RIMG0503

この黄色い生き物は北海道テレビマスコットキャラクターのonちゃん。「オンにちは!」とオンをつけて喋るのが特徴。パレード星生まれなんですって。

HTB入り口玄関

P7070715

P7070716

2018年移転直前にあった50周年記念ボード。社屋は開局50周年を機に、2018年9月に中央区のさっぽろ創生スクエアに移転しました。

P7070717

P7070777

P7070776

入るとすぐにあるテーブルにはスタンプが。

実際に押したスタンプは最後に載せておきますね。

IMG_6936

onちゃん像の隣には藤村Dのひげこけし。笑

onちゃんカフェ

P7070744

1階には飲食のできるカフェスペースがありました。

IMG_6938

onちゃんだらけの可愛らしい雰囲気。

P7070746

カフェの黒板にはももクロ平成ノブシコブシなどのサインも。

P7070745

onちゃんのグッズも展示。

P7070761

天井にはonちゃんのちょうちんが。

P7070768

パンケーキもonちゃんです。 

P7070752

IMG_6947IMG_6951

たまねぎの帽子をかぶったonionちゃん。ネット入りなのがウケますw

P7070759

onちゃんの豊平区住民票も展示されていました。

IMG_6937

このゴミ箱が可愛くてめっちゃ好き。

 

HTBガチャガチャ・自販機コーナー

IMG_6943

名台詞やonちゃんなど、ピンバッジのガチャガチャ。

P7070724

P7070727

タオルやサイコロキャラメルなど、グッズの自販機もありました。

P7070730

水どう仕様のスケッチブック。

P7070765

私はonちゃんのスケッチブックが可愛すぎて購入しちゃいました。

HTB内水曜どうでしょう展示ゾーン

IMG_6942

原付西日本制覇の際に大泉くん・ミスターが着用していたジャージが展示されていました。


【公式】「原付西日本制覇 今世紀最後の水曜どうでしょう」の見どころ

P7070751

番外編:水曜どうでしょう渋谷PARCO小祭

IMG_1823

2014年に渋谷パルコのパルコミュージアムで行われた「水曜どうでしょうEXPO渋谷PARCO小祭」の様子もお届けします。

IMG_1824

IMG_1825

この日は正直、水どうファンを舐めていました…結構朝イチで行ったつもりだったのに、平日にもかかわらず、すでに長蛇の列で階段にずっと並んでいました。

IMG_1829

並んでいる間、貼り紙があってニヤッとしてしまいます。大泉くんたちの声が脳内に流れちゃいますね。トローリー!おー!!

IMG_1850

大泉くんとミスターが日本列島を駆け巡った原付カブ。

IMG_1846

企画のロケ小物もいっぱい展示されていました。

IMG_1845

原付でベトナム縦断1,800kmの際、原付での移動の撮影が後ろ姿ばかりになるため着るようになったメッセージ入りTシャツ。

IMG_1835

ヨーロッパ全制覇を目指した大型企画第2弾、ヨーロッパ・リベンジで訪れた国を塗りつぶしたTシャツたち。

 IMG_1838

北欧の旅の際のミスターと藤村Dの日記も。

IMG_1842

「やぁやぁ!鈴井貴之!」白塗りのヤスケンさんが、甘いもの苦手なミスターにスイーツ早食い対決の始まりを告げた口上の巻物。スイーツの早食い魔神・藤村Dと全国対決してまわる対決列島は名作です。笑


【公式】水曜どうでしょうDVD第23弾「対決列島~甘いもの国盗り物語~」

寄り道:西郷公園

IMG_0942

住所:〒899-6404 鹿児島県霧島市溝辺町麓856-1

アクセス:鹿児島空港から徒歩約3分

対決列島・最終決戦の地、白熊対決が行われた西郷公園。空港のすぐそばにあり、飛行機の時間が迫る中、対決の地として選ばれたのも納得です。

IMG_1840

現地をめぐりながら日本史を学んでまわった「試験に出るどうでしょう」より。

実は高校地理歴史の教員免許を持つ、どうでしょうゼミナール大泉校長先生と生徒の安田くんのノート。現地の雰囲気を味わいながら面白おかしく教えてもらえるので、普通によい勉強になりますね。皆が寝てる中、一生懸命語呂を考える大泉先生が印象的でした。はい、よろしく!

IMG_1834

普段onちゃんヤスケンさん)やnoちゃん(音尾くん)は全身着ぐるみで登場するのですが、たまに簡易ver.で頭だけになる時があります。笑

主に着ぐるみで物理的に通れない時などに簡易onちゃんは現れます。簡易onちゃんは頭巾ですが、簡易noちゃんに至っては、ただの目出し帽なので「ちょっとした銀行強盗」と揶揄されていました。

IMG_1839

シェフ大泉のお品書き。

45分で用意と言っておきながら「知らぬ間に40分経過」は衝撃でした。

IMG_1831

IMG_1833

IMG_1830

スタンプ

IMG_6655

HTBのスタンプは綺麗に押せるシャチハタタイプなのが嬉しいです。笑

IMG_6654

地図

 

珍しい狛キジと貼り紙芸・レア花木が気になる南浦和駅そばの神社:大谷場氷川神社(埼玉県さいたま市南区)

大谷場氷川神社

大谷場(おおやば)氷川神社

住所: さいたま市南区南本町1-9-1

アクセス:JR京浜東北線武蔵野線 南浦和駅西口から徒歩約3分

珍しい狛キジと貼り紙芸・レア花木が気になる南浦和駅そばの神社

JR南浦和駅西口を降りて左手の坂道をくだっていくと、右手の小高い場所にある大谷場氷川神社社務所はだいたい閉まっており、御朱印はいただけないそうです。

今も大谷場(おおやば)という地域は残っていますが、昔は南浦和や南本町も含めて大谷場村だったそうです。

Untitled

昭和初期、キジが住み着いていた土地であったことから「雉子(キジ)の氷川さま」と呼ばれています。

このようないかにも学校や小さい博物館などにありそうな貼り紙が、境内のあちこちに。

Untitled

境内には樹齢100年のユリノキや江戸時代初期に建立されたとみられている本殿があり、さいたま市有形文化財に指定されています。

Untitled

ブラジルの国花イペーや…Untitled

世界三大花木の1つ、南国の花ジャカランダなど一風変わった植物たちが植えられているのだそう。

そもそもなんで植えられたんでしょう?笑 

Untitled

にゃんこスポットでもあります。

地図

高円寺にある日本で唯一の天気の神様:気象神社(東京都杉並区)

PA310026

気象神社

住所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目44-19

TEL:03-3314-4147

アクセス:JR中央線総武線 高円寺駅から徒歩約2分

※2020年6月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

koenji-hikawa.com

高円寺にある日本で唯一の天気の神様

高円寺氷川神社の中には、日本で唯一の気象にまつわる神社です。

まつられているご祭神は八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)。

天照(アマテラス)が天の岩戸に隠れて、世界が暗闇に包まれてしまった時に、天の岩戸から天照を連れ出す知恵を考え出したとされる八意思兼命は、名前の通り『晴』『曇』『雨』『雪』『雷』『風』『霜』『霧』の8つの気象条件を司ります。

太陽を取り戻し、世の中に平和を取り戻したことから気象の神様とまつられるようになったと言われているそうです。

PA310016

高円寺氷川神社の鳥居をくぐり抜けて…

PA310016

すぐ左に曲がったところに気象神社があります。

PA310021

「晴天祈願」を始めとする気象にまつわる各種ご祈祷を行っていますが、その中に「脱雨男」「脱雨女」は含まれないそうです。

例大祭は6月1日の「気象記念日」に合わせて行われています。

気象記念日」は1875年(明治8年)6月1日、赤坂に日本初の気象台である東京気象台(現在の気象庁)が設置され、東京で気象と地震観測が開始されたことを記念して制定されたそうです。

PA310026

気象神社では、下駄絵馬やてるてる坊主のお守り・おみくじなどを求めることができます。大事な日の天気や脱雨男・脱雨女を願う方たちが多く訪れているようですね。

この下駄絵馬は、新海誠監督の映画「天気の子」にも登場しており、ファンの間では聖地化しています。


映画『天気の子』予報②

上記予告映像1:05で下駄絵馬の映像が見られます。

PA310017

こちらは高円寺氷川神社の社殿です。

PA310019

地域密着を目指す高円寺氷川神社は、七福神めぐりバスツアーを主催するなど地域貢献に積極的な活動をしているようです。高円寺阿波おどりやハロウィンなどの際にも賑わっているイメージもありますね。

地図

 

ブログランキング・にほんブログ村へ