私の好きな場所

人生を明るく楽しく過ごすための模索と経験をアウトプットしてます。

【赤坂サカス】ビーチ気分のおしゃれカフェで癒しのひと時:SALTY SUNNY BONDI CAFE(東京都港区)

Untitled

SALTY SUNNY BONDI CAFE(ソルティサニーボンダイカフェ)

住所:東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー1F

TEL:03-5544-8220 席数:54席

アクセス:東京メトロ千代田線 赤坂駅1番出口から徒歩1分

※2020年7月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.saltysunny.com

【赤坂サカス】ビーチ気分のおしゃれカフェで癒しのひと時

赤坂サカス1Fにあるソルティサニーボンダイカフェは、オーストラリア・シドニーにあるボンダイビーチをイメージしたボンダイカフェ(代々木公園)のフランチャイズ店です。位置的に赤坂ブリッツやACTシアターの公演前後に寄るのにもピッタリですね。

本場のボンダイビーチに通う人は健康意識が高い人も多いらしく、動物性食品を一切使わない自家製全粒粉ブレッド、栄養満点のアサイーボウルベジタリアンスパゲッティ、五穀米など、健康を気にした食品も取り扱われています。

Untitled

乳化剤や香料などは使わず、九州各地の小麦・雑穀からなる豆腐入り九州パンケーキは、20~30分ほどかけて低温でじっくり焼き上げられているそうです。

パンケーキにはココナッツバターが乗っており、写真のようにいちご、キウイ、バナナ、マンゴー、ブルーベリーといったフルーツをどっさりトッピングすることもできます。

また、メープル、蜂蜜、チョコレート、キャラメル、季節のフルーツソースの中からパンケーキにかけるソースも選べます。私はメープルを選んでみました。

もちもちのパンケーキは、甘さ控えめの優しい味で美味しかったです。

 

また、野菜と鶏ササミのジンジャースープもホッとする味に優しく包まれました。

Untitled

店内は天然木がふんだんにあしらわれ、ビーチのような開放感でくつろぐことができます。

店員のお兄さんを呼んだら、すぐに行ける状況ではないけど気づいていることを表すために手を振り返してくれたのがチャーミングで癒されました♪

地図

 

渋谷ハンズ最上階の落ち着ける穴場電源カフェ:ハンズカフェ(東京都渋谷区)

Untitled

ハンズカフェ渋谷店

住所:東京都渋谷区宇田川町12-18東急ハンズ渋谷店7F

TEL:03-5489-5111

営業時間:10:00~21:00

アクセス:JR渋谷駅ハチ公口から徒歩約8分

※2020年7月現在、コロナの影響で11:00~18:00の短縮営業・ドリンクとデザートメニューのみの営業となっているようです。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.handscafe.jp

渋谷ハンズ最上階の落ち着ける穴場電源カフェ

渋谷の東急ハンズの7階はカフェになっているのをご存じでしょうか?

2011年に梅田で1号店がオープンしたハンズカフェは、現在全国に6店舗あり、渋谷は2号店になります。

充電用の電源(一部の席)やフリーWi-fiも完備、テラス席があってビル群を眺めることもできるので、渋谷でゆっくり休みたい時、充電したい時、ちょっと時間調整したい時、重宝する穴場カフェです。

IMG_7143

オープン当初はワッフルとサンドイッチ+コラボメニューくらいしかなかったフードメニューも、今はカレーやパスタも加わってかなり充実してきました。

ちなみにワッフルは昨年リニューアルされたそうで、写真はリニューアル前のものになります。

 

HANDS CAFE(ハンズカフェ)のコンセプトは「SHAKE HANDS」。
人と人を繋ぐ新しいコミュニティを築く場所として、ハンドメイド作家さんの商品が販売されていたり、テーマに沿った展示がされたりしています。

https://www.instagram.com/p/eeoVu-LI4x/

こちらの宇宙服はJAXAとコラボした人工衛星カフェの時のもの。

イデアを共有し、刺激し合える場所として、店内には想像力を掻き立てられる何かの標本やフラスコ・ビーカーなどの実験器具なども陳列されていて、ついワクワクしながら眺めてしまいます。

店内の写真を撮った記憶はあるのですが、写真が見つけられないので発見したらまた追記しますね。

 

地図

 

【西武池袋本店】紅茶専門店による紅茶のフレンチトースト:ケンジントン・ティールーム(東京都豊島区)

IMG_0095

ケンジントンティールーム

住所:〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1 3F

TEL:03-5949-2163

営業時間:10:00~ 席数:58席 終日禁煙

アクセス:JR池袋駅東口直結

※2020年月7現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.sogo-seibu.jp

【西武池袋】紅茶専門店による紅茶のフレンチトースト

西武百貨店池袋本店3階にあるさまざまな紅茶を味わえる紅茶専門店日本紅茶協会の「おいしい紅茶の店認定店」でもあります。

ケンジントンティールームでは普通のフレンチトーストだけでなく、紅茶のシロップを使った紅茶のフレンチトーストも食べることができます。

IMG_0092

薄めのパンにしっかり染み込んでしっとりもちふわのフレンチトースト。上にかけられているのはアールグレイの茶葉で良い香りがします。

はちみつと生クリームホイップで甘さを加えると、いい感じに溶け合ってまた違った味わいに。

IMG_0089

アフタヌーンティーセット目当てのお客さんが多くそちらも気になりますが、紅茶のフレンチトーストが食べられるお店って少ないので、こちらも要注目です。

地図

 

トルコと絆の地・紀伊大島にあるリアルうさぎ店長のカフェ:カフェ・ラパン(和歌山県串本町)

IMG_0934

Cafe La lapin(カフェ・ラパン)

住所:〒649-3631 和歌山県東牟婁郡串本町樫野990-1

TEL:0735-65-1212

営業時間:09:00~17:00 定休日:水曜日ほか

アクセス:JR紀勢本線串本駅から車で約15分

※2020年7月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

cafe-lapin-2014.sakura.ne.jp

トルコと絆の地・紀伊大島にあるリアルうさぎ店長のカフェ

紀伊大島は、日本最古の石造り灯台「樫野埼(かしのざき)灯台」や自然景勝地「海金剛」、エルトゥールル号遭難事件から始まったトルコと串本町の絆の歴史を展示する「トルコ記念館」、釣りやダイビングスポットなどのある和歌山県の観光地です。実は、アメリカ人が1791年に初めて日本を訪れた土地でもあるらしいですよ。

 

今回は「トルコ記念館」へ続く遊歩道の入り口にあるリアルなうさぎ店長が出迎えてくれるカフェと、トルコと日本の絆のお話です。

うさぎ店長の小太郎

IMG_1004

こちらが店長の小太郎。可愛くて癒されます。

エサをあげることができるのですが、エサへの反応がとてもよかったですw

また店内にはうさぎグッズもいっぱいありました。

料理

IMG_1006

樫野埼カレーは、紀伊大島にある樫野埼灯台や太平洋などがイメージされています。

IMG_1009

スープもチキンケバブライスも美味しかったです。

IMG_1008

ビーフケバブライスもあります。

ケバブと言えば、トルコですよね。なぜ紀伊大島はトルコと絆の地であるのか?

それには悲しい事件から始まった歴史が関係しています。

エルトゥールル号遭難事件の悲劇から始まったトルコとの絆

明治23年(1890年)、オスマン・トルコ帝国の使節団が乗ったフリゲート艦・エルトゥールル号が台風に遭遇し紀伊大島沖で岩礁に激突。蒸気機関の爆発により船は沈没してしまい、オスマン海軍587名が殉職するという「エルトゥールル号遭難事件」が起こりました。

この大惨事が発生した際、紀伊大島の住民が生存者69名の救護活動や殉職者の遺体引き揚げ・埋葬などに尽力しました。生存者は全員治療を受け、無事にトルコに帰ることができ、感謝されたのだそうです。

 

時は流れて昭和60年(1985年)、イラン・イラク戦争の真っただ中。

イラクフセイン大統領(当時)による「48時間後、イラン上空の飛行機を無差別攻撃する」との声明が発表され、イランにいた外国人は大パニックに。出国を試みるも、搭乗できる飛行機を確保することができません。

世界各国は自国民の救出するための救援機を送っていましたが、日本は「安全確保ができない」との理由で航空会社が動けず、政府は海外派兵という憲法9条違反の危惧により自衛隊、もとい救援機派遣が見送られ、取り残されてしまいます。「自衛」の意味と海外居住のリスクについて考えさせられてしまいますね…。

イムリミットの1時間15分前、そんな日本人たちを救ってくれたのはトルコ航空の救援機でした。事態を危惧した日本人たちが個人的な親交に一縷の望みを託して各所で発生した救援要請に、トルコ政府が応じてくれたのです。

トルコ人を陸路から避難させることで、2機の救援機を日本に譲り、そのお陰で日本人215名全員が脱出することがかないました。

なぜ、トルコがそこまでして日本人を助けてくれたのか?それはすべて、エルトゥールル号の恩返しのためでした。

大島の人々の献身的な救助活動から始まったトルコとの絆は、安倍首相とトルコのエルドアン大統領の力添えもあり、友好125周年を記念して映画化もされています。

地図

 

草津温泉・湯畑近くの元お風呂場カフェでひと休み:茶房ぐーてらいぜ(群馬県草津町)

Untitled

茶房ぐーてらいぜ

住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津温泉368番地

TEL:0279-88-6888

営業時間:9:30~17:30 定休日:火曜日 

全席禁煙 駐車場:日進館の駐車場を使用可

アクセス:草津温泉バスターミナルから徒歩約5分

※2020年7月現在の情報です。最新情報は公式サイト等をご確認ください。

www.nisshinkan.com

草津温泉・湯畑近くの元お風呂場カフェでひと休み

300年以上の歴史を持つ草津温泉の旅館・日新館が運営する喫茶ぐーてらいぜ。

ドイツ語で「よい旅を」の意味を持つ「ぐーてらいぜ」という名前には、立ち寄ったお客さんがこれからもよい旅を続けられるようにという気持ちが込められています。

店内

Untitled

建物は草津最古の宿・日新館の風呂場の構築をそのまま利用しているのだそう。

高い天井や天窓に名残を感じますね。

Untitled

メニュー

Untitled

ドリンクメニューが結構豊富です。

Untitled

ケーキは日替わりのよう。

Untitled

どれも美味しそうで迷いました。

料理

Untitled

私がいただいたのはヨーグルトティラミスとアイスほうじ茶ラテ。

想像以上にヨーグルトが前面にいて、酸味が効いてさっぱりして美味しかったです!!

ほうじ茶ラテもシンプルでケーキにちょうどよかったです。

外観

Untitled

Untitled

木材で作られた看板が可愛らしいですね。 

Untitled

お店の場所は、草津温泉名物・湯畑の湯滝の目と鼻の先になります。

地図

東京で3店舗展開のベルギー発祥オーガニックベーカリーレストラン:Le Pain Quotidien(東京都新宿区)

IMG_4132

Le Pain Quotidien(ル・パン・コンディアン)東京オペラシティ

住所:163-1401 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー1F

TEL:03-6276-4815

営業時間:8:00~21:00 定休日:ビルの休業日に準ずる

全面禁煙 駐車場:館内有料駐車場あり

アクセス:京王新線 初台駅から徒歩1分

※2020年7月現在の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。

www.lepainquotidien.com

東京で3店舗展開のベルギー発祥オーガニックベーカリーレストラン

オペラシティ1F入ってすぐ左手に広がるのは、ベルギー発祥の人気ベーカリーレストラン。

フランス語で「日々の糧」の意味をもつル・パン・コンディアンは、パリ・ニューヨーク・ロンドンなど中心に全世界20か国で250店舗以上展開する大手ブランドで、日本国内では東京ミッドタウン店、東京オペラシティ店、芝公園店の3店舗があります。

IMG_4130

店内は木を基調としたオシャレで広々とした空間となっていて、ゆったりくつろぐのにピッタリです。ボリュームはそんなに多くなく、お値段も安くはないので、まったり女子会などに向いているのではないでしょうか。

ル・パン・コンディアンは「シンプルで栄養価が高く、美味しいもの」の提供を心掛けており、ヴィーガンメニューも用意されています。

IMG_4132

私がいただいたのはチキンポトフのランチ。この日体調がそんなに良くない日だったのですが、優しい味でとても美味しく完食してしまいました。

IMG_4135

オーガニック小麦、塩、水、天然酵母のみで作られたパンも美味しかったです。

下図の左方にあるジャムバーに、ジャムやクリーム、オリーブオイルなどが揃っていて、好きなだけつけて食べることができるのも嬉しいです。

IMG_4131

洋書となりますがレシピブックも発売されています。

地図

予約はこちら

Le Pain Quotidien 東京オペラシティ店
中身もしっかりしっとり♪ オーガニックジュースも◎
[住所]東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー 1F
posted with タベレバ

美味しすぎるカリふわ厚焼きパンケーキを楽しめる草加の先駆けカフェ:カフェギャラリーコンバーション(埼玉県草加市)

IMG_6613

住所:〒340-0015 埼玉県草加市高砂1-10-3

TEL:048-928-0188

アクセス:東武スカイツリーライン草加駅東口から徒歩約8分

※2020年6月現在の情報です。最新情報はSNSポータルサイトをご確認ください。

美味しすぎるカリふわ厚焼きパンケーキを楽しめる草加の先駆けカフェ

最近、埼玉県にある草加市ではカフェが増えていて、なかなか熱い地域となっています。その中でも、このカフェギャラリーコンバーションは2006年オープンと、草加カフェの先駆け的存在です。

店内の様子と由来

P3110005

コンバーション「改装・改変」という名の意味のとおり、築50年以上の空き家をリノベーションして造られた古民家カフェで「このお店を通じて草加の街の流れを変える」という意気込みを持って始められたのだそう。 

ランチタイムに禁煙の時間帯はあるものの、基本喫煙可なのは少し残念ポイントだったのですが、2020年4月1日の改正健康増進法施行後どうなったかが気になるところです。

ほっとけーきランチプレート

P3110005

なんといっても外せないのが、メインメニューでもあるこちらの分厚いほっとけーき。外はカリッとしっかり焼かれ、中はもちふわの絶妙なバランスで、個人的パンケーキベスト3に入るおいしさです。

ホイップやバター、シロップと合わせて食べるのですが、全体的に甘すぎないのでスイーツが苦手な方も比較的食べやすいと思います。

野菜は地産地消で、地元農家のチャヴィペルトで作られているものを使用しているのだそう。ちなみにカフェコンバーションもチャヴィペルトも「モヤモヤさまぁ~ず」に出ていましたね。

外観

P3110005

場所は草加市役所のすぐ近く。東口から歩いて行ける距離にあります。

バス停のような看板が可愛らしいですね。

地図


ブログランキング・にほんブログ村へ